日高山脈の雪崩事故

 2017-04-22
2~3日前朝、NHKのローカル番組で帯広地方の映像が映し出されました。
真っ青な空に雪をいだいた日高山脈がとても美しく『あぁ、、きれい』と見ていた。
その瞬間、あの山のどこなのか、と思い出したことがあった。

1965年(昭和40年)3月、北海道大学山岳部が日高山脈で大雪崩にあい、6名が犠牲。
大学生の雪山遭難事故も大きく報道されたけど、雪崩に埋もれた中で三日間生き抜き、
山地図の裏側に書かれた沢田リーダー(農学部4年生)の遺書が大きな話題になりました。

今回ネット検索でみつけた[元山岳部 部長の登山講座]から。
事故の概要  と 沢田リーダーの遺書

私のぼんやりとした記憶では当時の新聞にその遺書の写真があったように思います。
沢田リーダーの遺書を基にした歌がレコードになり、私は今でも歌えるのは
若い時の鮮烈な記憶は50年過ぎても覚えているものですね。
探すとYoutTubeにあったのですが、画像はやめてリンクだけ。。

俳優の浜田光男さんが歌っています。  おかあさん、ごめんなさい

また、別サイトには『彼等は必ずしも危険な所で雪洞をつくって
露営していたわけではない。
その後の調査によるとこの雪崩は、走行約3km、デブリの長さ1km、 幅30-100m、
量約40万トンの日本国内の雪崩としては最大級に属するものと推定された。』
とありました。
数日前のテレビに映しだされた日高山脈の映像が とても強く印象に残っています。

2年前の11月中旬、実家の母、妹との3人で地球岬へ行った時、
秋晴れの太平洋の彼方に もう雪を載せた日高山脈が見えた。  
 日高山脈

この日の日差しを受けた太平洋と地球岬。
海向こうの陸地の裏側が私の住まいする町。
 地球岬灯台
 
母と一緒に見た地球岬の風景は この日が最後でした。

先月、3月27日、栃木県那須町湯本のスキー場でおきた雪崩事故。
登山講習会に参加していた高校生と教諭の8人が犠牲になりました。
今もその事故の検証が続いているとのことだけど、失われた命は もう戻りません。

* すみません、コメントは閉じさせていただきましたm(__)m

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジモティー

 2017-04-19
最近、テレビCMで見かけるジモティー。
♪~ 地元の掲示板 ジモティー~~♪
何のことかわからなかったけど、ネット検索すると【中古あげます・譲ります】って。
このジモティー、各都道府県に、市区郡ごとにあります。

  ジモティー
   
オークションは楽天は廃止、Yahooだけになったかな。
ヤフオクもYahooプレミアム会員だけ出品可能で、いまやヤフオクは個人出品が激減し、
専門業者がほとんどになってる。
以前は何度も出品、落札を経験したけど、今は使うこともなくなり、
最近、プレミアム会員もやめました。
息子たちも もう使わないと言い、私も出品、落札の手間が面倒になったこともある。

で、私の地元のジモティーは?と、見てみると、けっこう参加者がいるのです。
市内近郊の会員も多く、出品内容をみていても おもしろい♪
ジャンクです、という物も引き取り手がいたり、マニアックだなぁとか思う。
私の不用品も出してみようか?と思ったり・・。

母の処分品でわかったのは、リサイクルショップも古い物は引き取りません。
ジモティーをもっと早く知っていたら、母の処分品の片付けにも使えたかな。

市内の桜の枝も赤みを帯びてきました。
あと、10日ほどで開花になるかもしれません。

  sakura_2017041908013675e.jpg

もう少しで、この風景が見られます。

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(8)
タグ :

3月ふるさとへ

 2017-04-09
久しぶりの更新です。
先月、3月6日は 母の百か日で母の葬儀以来の里帰りでした。
母のいない家には思い出だけがありました。

今日も画像が多く、今回はオンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

去年、母が入院中の秋に あざやかだった母のバラもすっかり枯れていた。
  
  
ひとかたづけがすんだところで、妹と温泉一泊し、のんびりしました。
今回はお天気が悪く、蝦夷富士(羊蹄山)は隠れていました。
春先の洞爺湖の午前中は霧で見えない状態が多いのです。
  

岸から遠くに たくさんの野鳥が羽を休めていて、これは初めて見た。
もう使われなくなった浮き桟橋がねぐらのようです。
  

湖畔の散策路には枯れたハマナスや足元の薄氷に落ち葉が。
  

洞爺湖はカルデラ湖なので高い外輪山に囲まれている。
一番高い外輪山の頂上に2008年洞爺湖サミット会場の【ザ・ウィンザーホテル洞爺】
  

ホテルの冬季間イベントで 湖畔沿いにイルミネーションが。。
それは、それは美しく、ホテルから直接外へ出る若いカップルも。
  

  
  


  

帰りは駅で久しぶりにカニ飯を買いました。
驚いたことに駅待合室にあったキヨスクがなくなっていた。
二枚目画像は待合室内の周辺絵地図。
  

大沼公園を過ぎると いつも見る無人駅【仁山駅】。
夏とは違い、ひっそりとした雪風景もいいものです。
  
途中、札幌行きのスーパー北斗とすれ違いました。

母の百カ日も終え、また一つの区切りとなりました。
来月は納骨でまた、里帰りです。
これが終わると、大きな仕事も ひと段落でしょうか。

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(16)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫