定期観光バス体験 2

 2016-09-29
今回は前回の続きの 桜の名所、松前のお話です。
松前の歴史は古く江戸時代にまでさかのぼります。
歴史や町の詳しい内容は、こちらのリンクからどうぞ。

町外れの高台に 昔の松前を再現したテーマパーク【松前藩屋敷】があり
内部を見学しました。
見学者の希望で、テーマパーク【松前藩屋敷】内と寺町一帯を有料のガイド付きで
説明を聞きながら歩けますが、私は写真撮りがあるので自由行動でした。

縮小画像をクリックし、ご覧ください。
藩屋敷の入り口。  ランチはツアー料金に含まれるあわび飯にしました。 
松前藩屋敷  あわび飯
あわびは硬くて嫌い、と思いましたがこちらは柔らかく美味しいご飯。
メニューは海の幸で右上の四角い小鉢が 昆布と数の子の松前づけ。

ここから先は写真と説明板をご覧ください。 
松前藩沖の口奉行所内部。
奉行所説明板  奉行所内

旅籠(宿) 越後屋の内部。
旅籠説明板  旅籠(越後屋)

長屋の民家。
民家説明板  民家長屋

武家屋敷と正面玄関。
武家屋敷説明板  武家屋敷門と玄関 

武家屋敷の奥座敷の甲冑と打ちかけ。
武家屋敷甲冑  武家屋敷内掛け

ニシン番屋。
番屋説明板  番屋内

当時の理容・美容院、髪結い。
髪結い説明板  髪結い

自身番小屋。
自身番小屋説明板  自身番小屋内部

呉服屋の玄関(左右から)
呉服屋左から  呉服屋右から

魚家(当事では多少裕福な漁師)
魚家説明板  魚家内

廻船問屋(上の絵画はアイヌ民族の人々)
廻船問屋説明板  廻船問屋内

藩屋敷の見学、撮影を終え、寺町へ歩きましたが、寺町一帯は重要文化財指定の
古刹が多く、全てを見学するには時間的に無理でした。
なので二ヵ所のお寺だけ。
法源寺。
法源寺山門説明  法源寺山門

龍雲院。
龍雲院説明板  龍雲院

藩屋敷から寺町へ歩いている時、草地から墓石が多く見えました。
いつごろの墓石なのか、表面の文字はほとんど見えません。
それと、松前藩歴代の藩主と奥方、身内の墓地です。
墓石  松前藩墓地  
面白いことに、正室と側室の墓石が並んでいました^^;

桜の季節の写真と 新幹線開通3年前の工事現場写真も添えておきます。
sakura_20160929144716da6.jpg  IMG_2139.jpg

江差の様子は後日、改めてご紹介いたします。
本日もご訪問ありがとうございます。
留守になるので、コメントは閉じさせていただきました。

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

定期観光バス体験 1

 2016-09-25
春から行こうと思いながら、なかなか実現できずにいた、定期観光バス。
10日前に、前日にネットでお天気予報予報確認し、急遽でかけました。
写真が多くなるので、2~3回に分け更新しますね^^;。
観光コースは リンクのPDFでどうぞ。  江差・松前名所周遊号

いざ、乗車してみると、大型バスに5人だけ。。
5人だけなので、バスガイドさんが一人、一人にどちらからと聞きます。
静岡県のシニアカップル、名古屋の若い女性1人、愛知県内から女性シニア1人と、私。
こんなに贅沢でいいのでしょうか?  いいので~す・・ラッキー♪
縮小画像なのでクリックで拡大します。

最初の見学地は例の男子トラピスト。
シニアカップルは正門前まで坂道を上がっていき、私はトイレを借りた^^;
画像左がトイレ、右が売店(左側)とカトリック教会で、秋に撮ったものです。
トラピストトイレ  売店と教会

トラピストは過去に何度も見学し、8月も来ましたが、今回すごい発見をしました。
カトリック教会は八角形のドーム型で聖リタ教会とも呼ばれます。
丸い窓は十二使徒のステンドグラスになっていて、建物反対側の丸窓ステンドグラスが
朝の日差しを受けて正面四角の窓から見えるのです。
教会2  教会1
びっくりぽん!! 陽の入る午前中だけ見られるのですね。

この後、北海道新幹線の木古内駅前の道の駅 へ。
リンクサイトから色々な情報を見られます。
左が新幹線木古内駅、右が道の駅 ゆるキャラのキーコちゃんはポストです。
道の駅は今年2月、木古内までの新幹線試乗会で来て以来です。
木古内駅  木古内道の駅
ここの塩アイス(ソフトクリーム)は絶品。 あのような味は初体験でした。
ちょうど、上り新幹線が入り、出発するところが見えました。

ここから先がけっこう長距離で、次の下車地は上ノ国(かみのくに)
この海岸線は【にしん街道】と呼ばれ、ここには150年以上もの歴史ある、
旧笹浪家住宅と土蔵 があり内部を見学させていただきました。
にしん街道上ノ国  旧笹浪家住宅
旧笹浪家は北陸の人で、にしん漁で栄え、家には大きな仏壇がありました。

このあと、桜で有名な松前へ。
なにせ、平日で桜の季節ではないので、町も閑散で静か。
松前は【藩屋敷】も見どころですが、それは次回へ。
ここは北海道で一ヵ所、お城がありましたが、今は復元された天守閣があるだけ。
二つの説明版がありました。
福山城  松前城説明

春の季節は天守閣と桜の風景がとても美しいです。
天守閣と資料館正門前で、ここから場内へ入れます。
松前城天守閣  松前城資料館正門

城内のあちこちには往時をしのばせる石垣や門構えが見られます。
左は外堀跡の石垣。 右は東側の搦め手(からめて)二の門。
石垣  搦め手二の門

北海道には珍しい杉木立も多く、町の高台からは日本海と津軽半島が。
杉木立の道2  日本海
津軽半島の左後ろに薄く見えるのは下北半島。 
津軽半島の中ほどの位置には 竜飛岬があると、バスガイドさんから聞きました。

♪~  ごらん あれが竜飛岬 北のはずれと・・・
今は海底下のトンネルを新幹線が走っています。
次回は、松前藩屋敷も ご紹介しますね。
カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

休養します

 2016-09-08
早いもので9月。
あと3ヶ月もすると師走です。

北海道の夏はもう、終わりかな。。
今年は30度以上の猛暑続き、台風の直撃など惨憺たる様相です。
北海道は人も大地も疲れきっていると思います。

二日前の夕焼け。

 ゆうやけ

昨日(7日)は28度、今日は23度はきついです。
猛暑をしのいだ体力もここにきて疲労こんぱいです。
で、少し充電の休養に当てたいと思います。

大好きな 松山 千春の歌 【季節の中で】 がお留守番です。

 
 
休養につき、コメントはお休みいたしました。
今日も ご訪問ありがとうございますm(__)m

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫