今日の朝散歩

 2015-05-30
久しぶりの早朝散歩。
今朝は4時起きで4時半から、コンデジ持ってゆっくり歩く。
土曜の朝は道を通る車もなく、朝の散歩は土曜日に限ると思う。

タンポポも終わる頃。   新旧ならぶ。
   タンポポ綿毛

今朝は 道を見つけた、 と言っても広い草地に、誰がつけたのか、
雑草を刈り取り道がついていた・・・ありがたい。
   草地道
この草地も昔は住宅があったらしいが いつしか更地になり、今は草ボーボー。。

昔、ここに住んだ人が育てたのか 名残の藤の花。
   藤の花

草薮に 小さな抜け道をみつけた。
好奇心の強い私だから 素通りはできないでしょ^^;
   抜け道
でも・・中までは行けず ちょっとのぞいただけ。

抜け道の近くに 可愛い花が咲いていたけど 名前がわからない。
   散歩道にて

この季節だから夜明けが早くて 夜明けの珈琲にはならなかったけど
久ぶりの 早朝散歩の お供はセブンの珈琲でした。


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

半年ぶりの土方様

 2015-05-27
今日、半年振ぶりに市の施設へ。
ここには 「土方 歳三 最後の地」 の石碑がある。
今年、初めて その石碑前に立った。

前回は11月のこと・・・あれからもう、半年が過ぎる。
今日も 石碑前は 色とりどりの生花が供えられていた。

  石碑前2

あ・・今月 5月11日は 土方さまの命日だった。
それで これほどの花が手向けられているのか。。
お線香やローソクもたくさん準備されて、多くの人が訪れたのでしょう

  石碑前1

歴史的考察でも色々言われているけど、ホントに男前。。
あの時代に 私が若くしていたならば・・ひと目惚れかもねぇ。
つぎは いつお会いできるでしょうか。

本当に 土方様 どこに埋葬されているのでしょう。
埋葬の謎が多いし、この男前ですものね。。
だから いまだに人気があるのかしら。
 ** ひとりごとカテゴリなのでコメント欄は閉じさせていただきます **


カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

二年ぶりの藤棚

 2015-05-26
陽射しが心地よくなり 待ち望んでいた藤棚を見にいきました。
二年ぶりの五稜郭公園内の藤棚です。
平日なので混まないかな、と思いきや、観光シーズンですよね。
でも ぞろぞろの人出もなく 見ごろの藤の花をゆっくり見てきました。

また、オンマウスでご覧ください。

お堀の二の橋を渡ると すぐ正面に見えます。
公園内に入るには必ず この藤棚トンネルを通ります
  

この藤は樹齢100年とか。  藤棚は高さ3m 長さ30mです。
   

中を歩きました。  ここの藤の花は紫と白が一緒に咲きます。
   


   

藤棚から 五稜郭タワーを見てみた。
  

花のアップ。
   

五稜郭の藤棚の面白いところは 上からも見られることでしょう。
石垣の上から 絶景かな 絶景かな・・です。
右側がお堀の方向で オンマウス下が藤棚左側の公園内方向。
   

藤棚を上から見る石垣からは 奉行所も見えます。
こちらは オンマウスではありません。
   箱館奉行所

おまけ・・・。  小さな蝶 ベニシジミですね?
   ジジミ蝶

そーーっと 寄り、やっと撮りました が、 すぐ逃げられました。
今日も多くの画像を ご覧いただきありがとうございます。



カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

異文化体験

 2015-05-23
先日、10日遅れの母の日ということで、妹と一緒に実家の母を
一晩泊まりで山奥の温泉へ。

左の列車は札幌から到着の特急スーパー北斗 右がホームに入る札幌行き特急北斗
   スーパー北斗・北斗
私は 右のスーパーが付かない北斗に乗車。

実家へ行く列車の中、途中の大沼公園で下車の中国からの団体客が多く、
車内に来ると、座席取りの大きな呼び声が飛び交います。
数組の個人旅行の中国の方もおられ、その方々も大声に驚いてました。
まぁ、日本のおばちゃんにも たまに見受けられますが。。

洞爺湖から見える、ザ・ウィンザーホテル洞爺 (2008年サミット会場)
   ウィンザーホテル

母と妹と3人で行く温泉地は 何度も利用していて、ここ数年行く度に
中国からのお客様が増えています。
かの地も温泉はあるのか、解りませんが、浴室で文化の違いを見ました。

朝風呂に行こうと、大浴場に行くと、すでに先客が3人ほど。
会話から、中国の方とわかりました。

見ると、いくつかの浴槽の手すりに、バスタオルがかかっているのです。
何だろう?と、不思議に思いながら、私はフェイスタオルを頭に載せ
湯船に沈んでいると、その3人の中国の方が 私のほうを じーっとみている。

まもなく、大きな音とともに 近くの打たせ湯に3本のお湯が落ちて来た。
私が打たせ湯で肩や背中に 湯を当てていると、その3人が入ってきて、
私と同じように始めました。

やがて、その3人が浴槽からあがり、それぞれバスタオルで体を拭きながら
浴室から出て行きました。
湯船手すりにかけていたバスタオルは その3人が持ち込んだと知りました。
フェイスタオルは持たず、バスタオルだけの入浴なのですね

日本の温泉施設のマナーや利用法は聞いていると思いましたが、
浴室にバスタオルは知らずのことだったのか、私には「へぇ~」と、
ちょっと新鮮な驚きでした。

で・・
湯上りに髪にドライヤーをと、鏡の前に行くと、先ほどの3人が、
並んで ドライヤーを使っていた。
私がすわると、ひとりが手振り身振りでヘアブラシの位置を教えてくれる^^

その時、前夜見たときは揃っていた、化粧水と乳液、シャワーキャップ、
綿棒セットと、そのアメニティグッズの何点か無かった。
さらにそれらが入っていた小さなかごも消えていた。

日本の国内外からの団体や、個人の旅行客が多く泊まるのだから
様々なことがあると思うが いまだに このようなことがあるとは 
情けないと言うか、残念なことでした。

実家の母が育てているオダマキも雨に打たれ うつむいて。。
   おだまき

滞在中のお天気が思わしくなくて 残念でしたが、
初めて見る温泉施設での海外客の慣習(?)も体験し、よかったかな。


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(32)
タグ :

野の花特別編 2

 2015-05-19
大沼公園や先日の自然公園で多くの 野の花をみました。
が、可哀想にボツになっていた花たちを集めました。
季節で見慣れた花もありますが ご覧ください。

オンマウスにて、どうぞ。

以前 「旧幕府軍の慰霊碑へ 」 でもご紹介の花と同じなのですが、
枯れる頃になると、なぜか どの花も陽射しに背を向けていました。
オンマウス下の写真が花の最盛期でしょう。
  

下草と一緒にあちこちに。。  昔、里の母は「時知らず」って、 ほんとうかな?
  

大沼公園の水芭蕉。   一応 わたし的には野の花の位置づけです。。
  

どこにでも見られる花の綿毛。  タンポポのような小さな黄色の花です。
陽射しをうけ、輝いていたので惹かれました。
  

こちら 大沼ですが、初めて見る花。  後ろの緑の植物はトクサかな?
トクサは比較的地面の暖かなところで見かけます。
  


こちらからは 縮小画像なので クリック拡大し、別ウィンドウでどうぞ。

どちらも名前は わかりません。
  香雪園1  香雪園9

こちらも 同じく、名前は解かりません。
  香雪園5  香雪園3

右の花はわかりませんが、左はニリンソウでしょうか。
1本だけなら イチリンソウ って?  ひとりぽっちのニリンソウ。。
  香雪園4  香雪園7


今日から数日間 留守になるので コメント欄は閉じさせていただきます。
ご訪問、ご覧いただきありがとうございました。
では 行ってまいります^^ 


カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

朝あるき

 2015-05-17
久しぶりの早朝散歩。    出る前に 珈琲で体を温める。
スズメが先か、私が先か スズメが早かったが、カラスには勝った。
ピピピーピッピッ と、上で野鳥もさえずり、朝の喉ならしか。。

日曜の朝はシーンと静まり返り、行きかう人も無く、私ひとりの世界。
これが いいのよね。    なんとも言えぬ爽快感。
歩きながら 家々の花壇を見たり、花の香りを楽しむ。

あ・・ ここのお宅には 黒百合があったのね。
   くろゆり

別のお宅の白いイチゴの花も咲いて 赤い実が付くのはいつごろか。。
   いちご

風にはこばれて 甘い香りがする方向には ハマナスがいくつか咲いている。
今年は開花が早いけど 去年の枯れた実と蕾が同居。
   はまなす

久しぶりの道で、今まで見なかった木を見た。  ナナカマド。
一人前に花の蕾をつけている。
   ナナカマド

ナナカマドの幼木を住宅に沿うように植樹したみたい。
今は180cmくらいでも 10年、20年後は家を傾けるのではないか?
などと、余計なことを考えて見ていた。

余計なこと・・・私の余計な性格の部分。 
ひと様のことなのに 心配してしまう。
余計なこと・・これで 今までどれほど損をし、泣いたことか。
もう しない、と後悔しながら 気づくとはまっている自分。
もう、自分の人生を優先に考える時は過ぎているのに。
性分とは なんと悲しい呼び名だろうか。。
** カテゴリ【ひとりごと】なのでコメント欄は閉じさせていただきます **



カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

新緑を歩く

 2015-05-13
先週 お天気の日を見て郊外の大きな自然公園を撮り散策。
起伏豊かで広大な園内は 写真を撮りながら2~3時間かかっても
全体の3分の1ほどしか歩けませんでした。
あの可愛い野生のエゾリスと出会ったのもこの公園です。
画像が多くなり、また、オンマウス(画像にマウスポインタ置く)でどうぞ。

公園は 旧岩船氏庭園(香雪園)見晴公園 と呼ばれます。
毎年 秋の紅葉を見に行くのですが、初めて新緑を見てきました。
オンマウスで秋の情景が見られます。
  

八重桜も見られ、新緑とのコントラストがきれいでした。
  

秋の様子ではありませんよ。  春でも赤いカエデがあるのですね。
  

このカエデの種子が落ち、新しい芽吹きも 一人前に葉が赤い。
と、桜の古木のうろにも 新たな命です。
  

常緑樹、広葉樹 様々に成長し この季節の新緑は 目に染みます。
秋には赤く染まりおしゃれな木々たち。
  

園内の緑のセンターで昼食後、少し行くと、 え!?こんな木 前からあったけ?
興味深々中をのぞいてみました。
   

公園の奥へ行く遊歩道を進むほど 杉木立が多くなります。
杉木立の根元は緑の苔で覆われています。
  

上からオーラを感じたので(^^;)見上げると、黒松が異種の若木を育てていました。
うっそうたる杉林の中は陽射しも少ない。
  

茶室のある園亭内を見学します。  誰でも自由に内部は見ることができ、
お茶会などにも 貸し出しています。  正面と横からオンマウスで。
  

茶室内をそれぞれ 別角度から。
  

庭に面した縁側はすべてガラス戸で 和風庭園の四季を楽しめますね。  
  

ガラス戸ごしに庭園を見ました。
  

広大な公園も管理が行きとどいているからでしょう、とてもきれいです。
園内入り口にあるガイド板と 清掃後の落ち葉でしょうか。 
 

この日、プロのカメラマンクルー数人が 長さ40cmほどの望遠レンズや
ビデオカメラをかまえ、野鳥の映像と写真撮りに来ていていました。
その時、偶然、野鳥がそばにいて、 クルーの一人に聞くと、シジュウカラと。
こちらは オンマウスではありません^^
  しじゅうから
見やすくするため、元画像25%拡大し、トリミングしています。

それにしても、どこへいっても シニアカメラマンをみかけますね。
リタイヤ後の楽しみなのでしょう・・ ってわたしもシニアですが。。

長ったらしい写真に お付き合い、ありがとうございました。
次回は ここの森林浴に来たいと思います。


カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

朝の散歩道で

 2015-05-12
カテゴリに「ひとりごと」を追加。
誰に話すのでもない・・・そんなつぶやきもいいかな。
なので コメントは閉じさせていただきます。

ちょっと寝坊したけど きょうも早朝散歩。
あぁ  おひさまがぼんやり 夕べの天気予報どおり 雨になるかな。

   朝日

散歩途中で 久しぶりにセブンで  ん・・・時間的にモーニング珈琲か。

上では野鳥の鳴き声 地面にはカラスが二羽 上を見ている
スズメくらいの大きさの野鳥  カラスが狙ってるのか。
自然界は 動物も植物も容赦ない弱肉強食が自然体なんだなぁ。。

いつもと違うコースを歩くと 見える花も目線も変わる。

目にあざやかな新緑 ねぼけの眼にはいいかな。

  散歩道で

白いおだまき  ちょっとくたびれて私みたい。

  おだまき

日当たりの良いところは スズランの開花もはやい。

  すずらん

私の散歩道 いくつあるのか・・・ たくさんあるが数えたことがない。
生きる道も 幾通りもあるのだろう。
でも、自分の道は 自分しかあるけないし、不器用でもこつこつと
自分の足跡をつけていくしかないのだろう。

今日のNHK朝ドラの「まれ」 今日から新たなスタートの旅立ち。
若いっていいな、 何度もやり直しできそう。。


カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

可愛い出会い

 2015-05-10
先日、とても愛らしい 出会いがありました。
郊外の大きな自然公園へ行き、新緑の中歩いていると
先を行くシニア女性二人が立ち止まり 数メートル先を見ていた。
私もその先を見ると、な、なんと エゾリスくんがいるではないか。 

エゾリスくん 公園の柵をすりぬけ、公園敷地の外へ走り出ていた。
で、立ち止まり後ろ足で立ち上がり じっと動かない。
固体の大きさから まだ 子供のようです。

エゾリスく~~ん  どうしたのぉー   なんで固まってるのぉ~

   えぞりす1

そーっと 数メートルまで近づいても 直立不動で動かない。
エゾリスくん  私の存在も気づかないほどの 凄い集中力。
何かを見つけ じーっと見ているみたいね。

   えぞりす2

エゾリスくんの目線の先には 松ぼっくりがある。   ん? これが目的?
松ぼっくりを食べるの?  と、思った瞬間、 エゾリスくん 凄い速さで柵を越えて
公園の中に入っていった。  す、すごい・・・ 目で追うも 見失いそう。

あららぁ・・・ 柵のそばの松の大木の下へ。
よく見ると、口にくわえているのは 松ぼっくりではなく、 クルミ みたい。

   えぞりす3

そうか、、 大きな松の陰なら 誰にも見つからず安心して食べられるね。
カリポリ  カリポリ  カリポリ  せわしい音が周囲にこだましてますよ^^

   えぞりす4

じーーっとカメラを向けていると、 気配に気づいたのかな?
私と目が合った と言うか、 エゾリスくん、カメラ目線じゃないですか。

   えぞりす5

恥ずかしくて食べられないから、そんなに見つめないで、 って言いたい?

   えぞりす6
 
驚かせて ごめんなさいね
もう見つめないから ゆっくり食べてね。

この自然公園内は 野鳥も多く見かけます。
次回は 公園内を ご紹介しましょうね。
なお、画像は見やすくするため、拡大し、トリミングしています。


   
カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

もうひとつのお花見

 2015-05-07
前回 ご紹介の五稜郭公園のお花見から、すぐ近くの図書館へ。
図書館敷地内の歩道の両側には 私の好きなしだれ桜が並んでいます。
図書館が移転新築の際新たに植樹され、この日は ちょうど見ごろでした。
なお、今回も写真は縮小なので クリックで拡大表示します。

実は・・おなかがすいたので図書館のレストランへ。
プレートランチはサンドイッチではなく、おにぎりセットにしました。
暑かったのでアイスコーヒーもついて これで620円。
白いおにぎり一個は 残ってしまった。   残念。。
 ランチ   窓から
窓からは新緑の白樺がさわやかでした。

幹は細めながら、花が見事でした。
 しだれ桜5  しだれ桜6

ここのしだれ桜のピンク色がとても愛らしく好きです。
 しだれ桜3  しだれ桜1

まるで花のジャングルにいるようです^^
 しだれ桜4  しだれ桜2

近くには白い桜も開花準備中でした。   たぶん雨宿り?
 雨宿り1  雨宿り2

すでに風に散らされた花びらが 歩道いっぱいです。
 歩道  くもの巣
右はくもの巣にかかった花びら。   クモもお花見が出来たようです^^;

途中、街中でライラックの蕾も見かけました。
 ライラック2  ライラック1
今頃は開花しているかも知れませんね。
今日の散歩で白いライラックの蕾も見かけたので
ここにきて気温も高く、今年は花たちも急いでいるのでしょうか。

二回にわたり、お花見に お付き合いありがとうございました。


カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(25)
タグ :

お花見しませんか?

 2015-05-05
今年の桜の見ごろは終わりましたが、今年も五稜郭公園に行ってきました。
タワーにも上り、上と下から晴天の桜を堪能しました。
ご一緒に もう一度お花見をしませんか?

では  五稜郭タワー へ上がり、まず上からの花見です。
あ・・展望チケット代の840円は 私が支払いましたから続いてどうぞ^^
なお、写真は縮小なので クリックで拡大表示します。

毎年 桜の季節には 鯉のぼりのタワー昇りが見られます。
 タワー1  タワーから1  

展望台二階は 地上90mの眺望です。
左が津軽海峡側   右は函館湾側
 タワーから2  タワーから3

展望台一階は地上86m  ここには床が一部分ガラス張りになってます。
 タワーから4  タワーから5
この上に立てますか?   以前、一緒にいた友達はひきましたが、私立てました^^;

タワーを降りて 北側のお堀端で 桜を見てみましょう。
左は五稜郭の 南方向二の橋。   右は私が行った時は 歩く北側の道。
 お堀1  お堀2

左はお堀沿いの道    右は平行している散歩道
 お堀4  お堀3

桜のあいだから タワーをのぞきました。
 タワー2  タワー3

桜の枝です
 さくら2  さくら1

ここの桜は樹齢の古い樹木がほとんどです。
 桜樹3  桜樹1

散歩道の桜からタワー方向 と タワー近くの花見席
 桜樹2  花見席

穏やかな花見風景 と 花見よりおしゃべりでしょうか^^
 花見  ベンチ

おまけです・・・^^  タワー近くで見かけた 真っ赤な木瓜の花。
 ボケの花1  ボケの花2

お付き合い ありがとうございました。
ほんの少しですが、 五稜郭公園のさくらをご覧いただきました。

今、ソメイヨシノは葉桜ですが、八重桜はこれからが見ごろです。
桜前線も道東に到着のようで、北の本格的花シーズンが始まりました。


カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

野の花特別編1

 2015-05-02
昨年 9月の登山道での花たち
写真は クリックで 別ウィンドウに拡大表示します。

 山花1  山花2


 山花3  山花4


 山花5  山花6


 山花7  山花8


最後の右端の写真だけ 先月4/24 碧血碑の道沿いです。


---- 追記 (10:00)-----

臨時アップなので 本日中に削除、としましたが、

秋桜さん のご希望にて このままにおきます^^;


カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

旧幕府軍の慰霊碑へ

 2015-05-01
お天気の良い日が続いています。
GWの真っ只中、 シニア世代は のんびり組みと多忙組にわかれるでしょうか。

先日 久ぶりに立待岬へ 津軽海峡春景色を見に行きました。
ところが、立っていられないほどの強風で 数枚写真を撮っただけで
さっさと 立ち退き岬になりました。
  津軽海峡
津軽海峡 春景色です。。

この後、10年以上も見ていない 碧血碑(へっけつひ) を見ることに。
碧血碑(へっけつひ)は 立待岬に近い函館山の中腹近くに建てられています。

野鳥のさえずりを聞きながら、緩やかな山道を 可憐な野の花見ながら歩きます。
マウスポインタを乗せて、アップ画像もどうぞ。
  

碧血碑への道。
  碧血碑への道   

山道の左の立て札。
  立て札

春の山道は野の花がたくさん咲いていても、名前が分かりません。
マウスポインタを乗せて、アップ画像もどうぞ。
  

初めて見る茶色の野の花があちこちに。
マウスポインタを乗せて、ヤマネコソウが見られます。
  

途中、見かけた登山道の案内板。  いくつもある 登山道のひとつですね。
初めて知ったコースで、今年はここを歩きたい。  うふふ たのしみ^^
  登山コース

さわやかな水色の野の花 名前がわからないって 情けない。。
オンマウスでアップ画像もどうぞ。
  

目的地の 碧血碑 には美しい花が手向けられ、千羽鶴も。。
新天地の蝦夷地で新国家樹立の夢が叶わなかった 旧幕府軍への祈りでしょうか。
オンマウスで 碧血碑の裏面が見られます。
  
石碑の裏面は漢文で書かれ、読めません・・が、明治八年三月は読めました。

十数年ぶりに訪れて、以前なかった設備がありました。
ここを訪れた方が休憩し、記念として寄せ書きが出来るよう、東屋が建てられていた。
寄せ書きが 汚れたり紛失することの無いように配慮がありました。
こちらもオンマウスで 引き出しの中も。。
  

張り紙の文面です。  2年前に設置されたようですね。
  張り紙

碧血碑の周囲も美しい野の花がたくさん咲いています。
オンマウスで どうぞ。
  
雪に埋もれた寒い季節を耐え抜いた可憐な野の花が旧幕府軍の
御霊を癒しているかのようです。

今月の16日(土)と17日(日)の2日間に 第46回 箱館五稜郭祭 が開催されます
祭典は この碧血碑の慰霊からはじまるとか。

東屋で野鳥のさえずりを聞きながら 遠い昔の幕末の志士たちを想像し、
ゆったりと落ち着いた時間を味わってきました。
やはり、 山あいの自然の空間は心身ともに いやされ 幸せなひと時でした。


カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(23)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫