さくら 桜 サクラ

 2015-04-23
陽気にさそわれて、お気に入りの散歩コースをカメラを持って。。

やはり、ソメイヨシノは見ごろでした。
例年より 10日は早いかも知れません。
心地よい微風と陽射しの中を サクラと お話ししながらひとり歩く。   
  sakura1_20150423192602be4.jpg

  sakura2.jpg
    
  sakura3.jpg

散歩道で 染井吉野を始めに、これから咲くのは
冬桜、大山桜、糸括り、北鵬、南殿、普賢象、松前紅玉恵、雨宿・・・。
これらが順に見られるのも嬉しい。

過日の こぶしの花たちは すっかり開花していました。
   kobusi1.jpg

   kobusi2.jpg

こぶしの花と桜の花を同時に見る・・・ なんと贅沢な。
   sakura-kobusi.jpg

桜の向こうには アカシヤの古木も枝を広げて、新緑を待っている。
   sakura-akasia.jpg
桜が終わり、緑が濃くなると、白い花房と甘い香りが 桜を忘れさせる。

八重桜はまだ、まだ硬い蕾でした。
   yae.jpg

北の春はいよいよ本格的に 花の季節を迎えました。
大沼公園の水芭蕉もそろそろ見ごろ、との情報も入りました。
これからが とても楽しみです。


カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

セールス電話は拒否

 2015-04-22
初めて見たのですよ、沈丁花^^  ご近所です。

   沈丁花
木の高さは1mほどでしたが いい香りです。


最近 またセールス電話が入るようになった。

電話帳に載せていないのに、どうして番号がわかるのだろうか。
ネットでの買い物から 個人情報が流れているのか、はたまた
何かの名簿からだろうか。

電話番号非通知着信は呼び出し音が鳴らない設定にし、相手には
留守電メッセージが流れるようになっている。
たまたま、うっかり受話器をとると、必ずセールス電話。

先ほども 全く見覚えのない番号が表示した。
[06]から始まるので、大阪?  知り合いはいないので無視をした。
この番号の3時間前に、電話機ディスプレーに非通知の表示があり、
もしかすると、同じ相手からの電話の可能性もあり。
即効、着信拒否番号に追加した・・・・ が、はたと考えた。
うちの電話機には何件の受信拒否が登録できるのか。。
取説書を調べても そのことが出ていない。
まぁ、、、着信拒否登録オーバーで登録拒否されるまでいいかな?

ご近所の クリスマスローズ
   クリスマスローズ

ちなみに かかってきた電話番号を検索すると二つの口コミを見つけた。

1) この番号にコールバックできない状態なので、どうやら発信専用の番号だと思う。
  怪しい勧誘電話間違いなしなので、これからは無視。

2) ランダムに掛けているらしい。 化粧品を売りつけようとしてきます。 

あぁ やはりそうだった。 着信拒否設定のままにしておこう。
参考までに 電話番号検索のWebサイトです

電話番号検索     http://www.jpnumber.com/

日本電話番号検索  http://www.numberhi.com/

電話帳ナビ       http://www.telnavi.jp/

皆様は ご利用されていますか?



カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(20)
タグ :

お国ことば

 2015-04-20
ここ10年以上 朝ドラを見ていなかったのが「マッサン」以後、見始めている。
BSの7時15分から見ていると「梅ちゃん先生」が終了し、今「あまちゃん」が
後続でスタートし、なんとなくずるずると見ている。
この後の時間は新番組の「まれ」が続く。

「あまちゃん」の舞台は東北岩手県で 「まれ」は北陸石川県が舞台。
この二つの番組を続けて見ていると、会話が面白い。
北日本と西日本で、言葉使いや名詞に これほどの違いがあるとは驚きです。
東北六県でも方言や言葉使いに違いが有り、お互いが意味不明もあるとか。

もう この時期ほとんど姿を見かけなくなった オオイヌフグリ。
   オオイヌフグリ

最近 驚いたのは、「炊く」という言葉。
こちらで煮ると言うことを、西日本では「炊く」なのですね。
北海道で「炊く」といえば、ご飯を炊く、これしかないけど、煮ることを
西日本では「炊く」というとの事。

それと、知り合いのアナウンサーから聞いたのは、関西でも地域によって
言葉やイントネーションに違いがあるとのこと。
私が 昔から不思議に思うのは 大阪と京都は近いと思うけど、
言葉やイントネーションが違って聞こえるのは 不思議。

今年初めて出会った花だけど 名前がわかりません。
   散歩道にて

北海道内は言葉使いにあまり違いはないと思うが、語尾が下がる発音傾向と。
これが、重く、暗めに聞こえるらしい。
ただ、函館を含む道南地域は 言葉とイントネーションが違う。
函館に住み始めたころ、イントネーションが耳障りで 苦労したし、
わからない言葉の意味も多かった。
今も 慣れはしないけど、耳障り感は薄れてきている。

北海道の地域名や物の名前は 先住民のアイヌ語から転訛したものが多い。
今時代の若い人には知らぬ言葉も多く、意味と、使い方によっては
ほとんど消えてしまっている言葉もあるのではないか、と思う。

こんど、機会を見て ご紹介したいと思います。


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

春だけど

 2015-04-10
最近 寒いながらお天気が続いて 嬉しい。
今日から 気温も10度超えで、チューリップや水仙、桜も蕾が大きくなりそう。
いち早く咲いた、散歩コースの紫つつじも見ごろです。

   tutuji.jpg

日の出が早いからか、毎日5時くらいには目覚めても すぐに起きられず
寝床でぼんやりすることが多くなった。
たまに、気合入れて早朝散歩もするけど、それも気分しだい。
そのせいか、夜は10時くらいに、まぶたが重くなったり。

で、寝床で考えることは いつもたくさんある。
過日、あるブログのコメントに「これからが青春」との年配者の
コメントをみかけた。
そうよね、そうだわね! 青春は年齢じゃないのよね、心の持ち方よね。
な~んて、いまさら自分に言ってみる。
まぁ、今の私、趣味もたくさんあるし、心は青春よ(^_^)v
この歳になると どうしても欲しい物は無くなるけど、心の充実感は
心身が新鮮でいられる要素なんだと思う。

今日も 寝床で考えた。
今年は これから秋にかけて里での大きな行事が二つある。
ひとつは 姪の結婚披露宴で、もうひとつは三女の妹の十三回忌。

姪の披露宴は札幌だけど、必ず行ってあげなければ、と思っている。
今年、十三回忌を迎える三女妹の娘だから。
姪が「おばちゃんが 一番お母さんに似てる」と、私に言ったのは10年前。
その姪が2月に結婚し、東京で暮らしている。
披露宴を新郎の親御さんの住む札幌ですることになったのだから、
妹の代わりにしっかりと 姪の花嫁姿を見ておきたい。

と、十三回忌は私の里の母と、次女妹家族たちと母の家ですることになる。。
三女妹の嫁ぎ先だった家とは 没交渉なので、向こう様のことは関知していない。
このいきさつに関しては 過去のブログに書いた。
姪の実家家族とは披露宴で顔を合わせるだろうけど、そのときはその時だが、
真正面から顔を合わせたいと思っている。
あららぁ・・・心が明るく、新鮮になりそうな話しじゃないですねぇ"^_^"

そんな、こんなを寝床で考えていたら・・・。
あら! もう6時半、起きなくちゃ、って急いで起き上がり、テレビニュースを
聞きながら朝のフルコースの家事を進めるのでした。

   散歩道で

こちらも散歩コースのちいさな花で、可愛いですね^^


***** お詫びと訂正 *****

記事文中に 「その姪が2年前に結婚し、東京で暮らしている。」とありますが、
「その姪が2月に結婚し、東京で暮らしている。」の誤りで、訂正いたしました。
2年前に結婚相手と知り合い、今年2月に入籍しました。
とんだ間違いで 申し訳ありませんでした m(__)m



カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(28)
タグ :

病院側の事情

 2015-04-06
先月 友達のお母さんの 入院見舞いに行ってきました。
その友達と電話の長話のときに、彼女のお母さんが、夜中にトイレに立った時、
暗がりでつまづき、転倒し、大たい骨を骨折したとのこと。
聞くと、お母さんは今年 90歳になるというのだから足元も不安定な状態で
暗がりで転んだのも無理もない話しです。

病院はドクターヘリの発着のため、屋上のヘリポート工事が終わったばかりで、
その関係で、院内をあちこち工事をしているようです。

ドクヘリ発着のためでしょうか、屋上位置に吹き流しがみえました。

   病院

病室に入ると、ご本人うたた寝から目覚めた時のようで、ご挨拶をすると、
しばし私をみつめ、「どちらさまでしたか?」と訊ねられました。
名前を告げると「あ。。。? わからない。 ん・・? 分かりませんが」と
考え込まれた。
彼女のお母さんとはもう、5~6年会っていないしなぁ。。

10分ほどで退室して来ましたが、とうとう私を思い出せませんでした。
夕方、彼女から電話があり、私が「お母さんが私を思い出せなかった」と
伝えると、認知症も進んできているとのことでした。
私が、「これから リハビリなら、入院はひと月くらい?」と彼女に聞くと、
まもなく転院すると言う。

体が起こせるようになれば、地域の連携病院へ転院になり、そこでリハビリと。
急性期型の大きな病院にはどこでもある話で、少しでも回復状態になると、
さっさと退院や転院を勧める傾向がある。
特に公立病院に多く見受けられるように思える。
9年前、次男が入院した大学病院でも 頚椎損傷で首から下が麻痺の患者さんが
事務担当者から 何度も転院を進められ、拒否続けていたけど、
結局自宅近くの病院へ移って行きました。

高齢化社会の加速で 今後ますます療養型病院への患者が増えそうなのに
今の医療制度では その病院も少なくなるとの話も伝わっています。
すぐに団塊世代が直面する大きな問題になるのでしょう。

   ヒメオドリコソウ

日当たりのよいところでは ヒメオドリコソウが花をつけて来ました。


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(28)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫