昔話の太郎さん

 2015-03-30
以前、『まんが日本昔ばなし』って ありましたね。
♪~ ぼうや 良いこだ ねんねしな 今も昔しも かわりなく・・・
1975(昭和50)年 ~ 1995(平成7)年まで 20年間放送していました。
わが子たちが見て育ったころでしょうか。

今、日曜日の朝9時とBSで曜日、時間をかえて『ふるさと再生 日本の昔ばなし』が
30分間で三話 放送され、毎回見ています。
さて、今日の お話しはここからです。

きのうの昔話しは「桃太郎」 「金太郎」 「浦島太郎」 でした。
見終わって、わたしは はた、と考えました。
三話とも名前に「太郎」がある・・・太郎ばかり、と。
じゃぁ、昔話には 何人の「太郎さん」がいるのでしょうか。
で、調べてみると上記の三人の太郎のほか、「しっぺ太郎」「力太郎」「三年寝太郎」
「ものぐさ太郎」「親指太郎」「垢太郎」 などなど、他にもあるかも知れません。
昔の男の子は太郎名が多かったのか?
女の子は名前のあとに「姫」が多いので 男女の区別なのか、とか。

今、私が知っている、太郎名がつく有名な太郎さんといえば・・
小泉 孝太郎さん 山本 太郎さん の政界の二太郎さんくらいでしょうか。

それと、
「浦島太郎」が竜宮城から帰るとき、乙姫が「これは思い出がたくさん詰まった箱です。
絶対に開けてはなりません」と、浦島太郎に 玉手箱を渡します。
開けてはならない、と言われると 開けたくなるのが人情ですよ。
結果、どうなったか、皆様ご存知のとおり。
開けてならない物を 開けないでって渡すなんて、乙姫ってねぇ。。
きのうの三人太郎の話しでは 浦島太郎だけが お気の毒でした。

二日前、読み聞かせサークルの先輩からCDが届きました。
   放送CD
去年12月に、先輩とふたりで地元FM放送局で お正月特別番組放送として、
民話や昔話の朗読を収録した、そのCDです。
うっかりして、放送日の1月2日に聞けないでいたので、嬉しいです。
このCDには、市内のいくつかのグループの朗読も入っています。
恥ずかしいのやら、どきどきで まだ聞けずにいます。

フキノトウも すっかり花になりました。

   ふきのとう

トウがたつって このことかしら?   この姿も美しいと思います。


カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

撃退パワー

 2015-03-25
先日の 郵便局でのできごとでした。
手続きの順を待っている時、がっちりした体型の若いおまわりさんが
フロアーに入ってきて、中をぐるりとみまわしました。

私のとなりには 70歳代と思われる女性二人がおしゃべりしていました。
すると、そのおまわりさんは 私の隣の二人連れの女性の前に立ち、
チラシを渡し、振り込め詐欺の注意について話し始めました。

二人のうち一人が「このあいだね、甥っこの名前使って電話きたよ。
ははぁ~ん、すぐ、オレオレ詐欺だってわかったから、『あんたっ!
○○の名前使ってもダメだよっ! ○○はそんなことしないから
あんた! ウソだって、詐欺だってわかるんだからっ!』 って言ったら
向こうから電話切ったよ」と、おまわりさんに 元気に ご報告。
おまわりさんは「そのようなことがあった時も、警察に連絡して下さい」と
お隣の女性二人に伝えていました。

面白かったのは そのあとです。。。
そのおまわりさん、隣にいる私を見て、私も おまわりさんを見て、
お互い目が合い、一瞬の沈黙。
で、おまわりさんは 無言で私にもチラシを渡して行きました。

   クロッカス
ご近所さんのクロッカスは 他に白と紫も咲き始めました。

いつまでたっても なくならない 特殊詐欺被害。
老夫婦に 羽田空港まで現金を運ばせる詐欺も発生している。
なぜ無くならいのでしょうね、腹立たしい。
高齢者はお金持ち、とのイメージがあるのでしょうか。
それにしても おばさんパワーは強い"^_^"


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(26)
タグ :

いまどきの卒業式

 2015-03-18
前回の離れの季節の続きのようですが、今日は卒業式のことです。

今日、私用で街まで出ました。
通りかかった 小学校で、正装した男性と女性をみかけました。
生徒も着飾っているので、卒業式があったようです。
きっと、市内の小学校のほとんどが今日、卒業式でしょう。

今の時代、ご両親揃って出席されるのも珍しくなくなりましたが、
少子化傾向で、パパ・ママの両祖父母も一緒というのも有りかも知れませんね。

その中で驚いたのは、着物に袴姿の女の子がいました。
大学の卒業式なら普通にあるけど、小学校とはびっくりでした。
中学、高校なら制服が多いから 着物に袴は見かけませんが
市内の公立小学校は私服だから、卒業式があでやかなのでしょうか。

私の小学校の卒業式は 進学先の中学校の制服である、セーラー服姿で
卒業式に出席しました。
前年度に父を亡くし、母が仕事をしていたため、当然 卒業式に母は
出席できませんでした。

先日の散歩で見かけた花ですが 名前がわかりません。
はたして花なのかどうかも・・・。

   春の庭先

子供が生まれると、成長過程で様々な行事が 待っています。
いつの時代も 親御さんの出費は 大変ですが、小学校の卒業式に
子供に用意する衣装にも、両親の出費は大変なものですね。


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

離れの季節

 2015-03-09
弥生3月は離れの季節でもある。
様々な出会いがあれば、様々な離れもある。

この3月の卒業シーズンは 旅立ちの思い出の離れがある。
私の心に残り、いまだに忘れられないクラスメートがいる。
彼女は高校1年生の途中で、お父様の転勤で私のクラスに転入してきた。

同じ町で、偶然にお互い自宅が近いこともあり、すぐに親しくなった。
メガネをかけ、彼女の特徴は 優しい声でちょっと早口で話す。
彼女については 修学旅行での 絶対忘れられない思い出がある。

   福寿草

場所はどこか忘れたが、バス数台を連ねたトイレタイム休憩のときのこと。
トイレタイム時間は 十数分だったと思うが、彼女が戻ってこないのだ。
先生、生徒全員がバスに戻り、彼女ひとりだけが  まだトイレの中。
もしや、トイレの中で倒れているのでは? と、皆が思ったでしょう。
心配した担任の男性教諭は 私に見てくるように言った。

私はトイレ入り口で 大きな声で彼女の名前をよんだ。
すると トイレの中から「は~い」と返事がきこえた。
私が「大丈夫?」と聞くと、彼女は「大丈夫だよ、今行く」と。

トイレから出てきた彼女 はにかんで「遅くなって ごめんね」と言った。
彼女と私の二人がトイレから出てくるのを 全部のバスの窓からの視線が
いっせいに集まったのは言うまでもない。

高校の卒業式のあと お父様の転勤で 彼女はまた引っ越していった。
私が彼女の引越し先の住所を聞き漏らしたか、聞けなかったか、
その辺りの状況が今も思い出せない。
彼女も66歳・・・今 どこで暮らしているのやら。
この季節になれば思い出す。   
えっちゃんに 会いたい と。


カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(14)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫