町のホワイトハウス内部

 2015-02-28
すっかり ご無沙汰のブログは 冬眠中でした m(__)m
通信回線が不調で ブログ更新もままならずでしたが やっと戻りました。
きょうは 過日ナビでご紹介のホワイトハウス(宣教師館)内部を。

初めて宣教師館を見学したのは3年前。
ホワイトハウスの愛称でよばれ、100年以上歴史のある建物で、
キリスト教系女子中学・高校内の敷地内の奥にあります。
映画やドラマでも たびたび使われていました。
今回も 写真が多いので 画像をクリックし拡大してご覧ください.

ナビにも 投稿した正面からのホワイトハウス。
   宣教師館

左は建設当時の宣教師館の写真。  多少概観が変化してますね。
  m41年ホワイトハウス   室内2
右の写真のお部屋には 歴代のアメリカ人女性校長の写真がかかっています。


一階から内部を  見ていきましょう。  
  室内1   室内3


二階は寝室 プライベートなお部屋になっているようです。
  室内5   室内4
ベッドの向こうに ふすまがあったり・・^^   


  室内6   温風器
右は 扇風機じゃありません。   アメリカから持ってきたのでしょうか、電気温風器。


上のベッドルームに見えている大きなカバンの拡大。
  旅行かばん   旅行かばん2
旅行カバンです。   イレーヌ サイトウ メソジスト 日本人女性ですね。 


いつごろのものか、冷蔵庫がありました。
  冷蔵庫1     冷蔵庫2


洗濯機も。  日本メーカーの発売当時も こんな形でしたね。
  洗濯機   シャープナー
右は 何でしょう?  鉛筆削り器です。   元画像を拡大して見ると、
【AUTOMATIC PENCIL SHARPENER COMPANY ROCKFORD ILL‥ U S A】
・・・とありました。  100円硬貨で大きさが分かります。
わたしの子供の頃は専用ナイフだけでしたが。


タイプライターも。  昔のアメリカ映画に出てくるような機種もありました。
   タイプライター1   タイプライター2
日本語文字のタイプライターは使ったことがあり、文字数が多いので難儀しましたが 
アルファベッドは26文字だから 機械も小型化できたのでしょうね。 

当時の女学生たちは 異国文化の香りを感じ目にしながら学んだのでしょうね。
今見ても 文化水準の高さをうかがい知ることができます。

この見学の時 私の後ろから80歳代らしい 白髪の上品な女性が付いてきて、
最後までご一緒させていただきました。
その女性の お姉さまが 五代目校長の チニー先生に学び、卒業されたとのことで、
「帰ったら 姉に知らせてあげましょう」 と言っておられました。

100年以上もの歴史の重みと 女性教育に先進的役割をしてきた学校なのですね。
ここの制服は、冬は紺地の白の3本線のセーラー服に赤のネクタイで
夏は上着が白のセーラーになります。
宣教師館 のページもありますので ご覧ください。


カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(16)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫