今年の藤棚

 2014-05-31
昨日、五稜郭近くまで出かけたついでに 五稜郭公園の藤棚を見て来ました。
去年につづき今年もかぐわしい香りの白と薄紫の藤の花とご対面です。
桜はすっかり青葉におおわれてGWの桜の花の面影もありません。
今月始め、さくら見物は裏口だったけど、藤棚は正面入り口から。
今回も写真が多く、縮小画像をクリックしてください。

左・・一の橋の手前で良く記念撮影してますね^^
  5-1.jpg   5-2.jpg
右・・堀の向こうにみえる二の橋左奥が入り口。

左・・二の橋の上から右(南方向)を見ました。
  5-4.jpg  5-5.jpg
右・・橋をわたるとすぐ目の前が藤棚です。  お客様も多い。

左・・ここの藤棚は樹齢何年だろう?  かなり古いのはわかります。
  5-6.jpg  5-7.jpg
右・・藤棚の出口から入り口方向。

薄紫と白の藤が見事。
  5-11.jpg  5-3.jpg

土塁のうえから藤棚を見ることができるの。
  5-9.jpg  5-8.jpg
藤棚はカメラに収まらないほど長いのですよ。

ツツジも サツキも今が盛りと美の競演。
  5-10.jpg  5-12.jpg
右・・復元された箱館奉行所。 今回は藤棚だけみて、奉行所は次回の機会に。

五稜郭はことし築造150年。 イベントも多いようです。
  5-14.jpg  5-13.jpg
右・・五稜郭を設計・建設した武田 斐三郎(たけだ あやさぶろう)のレリーフ。
お顔部分が金ピカね。  昔はこんなじゃなかったから見学者が触り続けたのかなぁ。

毎年 桜と藤棚の見ごろにはここへくるけど、やはり平日がゆっくり散歩できる。
あ、そう言えば、お堀の外でどこのテレビ局かな? ロケをしていました。
若い男の子3人で 五稜郭のお堀を背景になにやら会話場面でしたね。

ご参考までに 築造150年! 五稜郭の見どころ案内 のページへ。

今日も良い天気・・・土曜、日曜と ここも人出が多いでしょう。
ご覧いただきありがとうございます。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

三人三様の暮らし

 2014-05-29
実家へ行った時、母がしばらく会えない叔母のところへ行ってみたいと言った。
叔母は、亡くなった私の父の弟の奥さんで、母と同じ91歳。
叔母が実家の隣町にある海沿いの施設に入所しているのは知っていたが、私が
会ったのは3年前、叔母がまだ長男夫婦と新築された大きな家に住んでいたとき。

叔母の部屋は8畳間ほどの個室で、母と妹、私の三人で伺うと、びっくりして
目を丸くし、そして私を「だれだっけ?」と聞いてきた。
母が説明するとやっと思い出したようだ。
叔母の家には同年齢のいとこたちが4人いて、小学生のころは毎年の夏休みには
何日も遊びに行き長居させてもらった。

叔母はボソッと「娘はたまーに来るけど、息子たちは全然こない」そう言った。
叔母の娘たちは神奈川にひとり、後は車で2時間前後のところにいるけど、
息子家族は自宅から施設まで車まで15分くらい。
母も私も妹も返す言葉がみつからなかった。
私たちが見たところ、認知症があるようにはみえなかった。
叔母と母を二人並べて記念写真を撮り、昨日 母と叔母に送った。
「また寄らせてもらうね」と、そう言って退室してきました。

濃い色のライラックもあります。
    ライラック

以前ここで 【認知症者のひとり暮らし】 のお隣のSさんをことを書きました。
現在は病院から自宅近くの高齢者グループホームに移されました。
甥子さんが遠くから行き来して、Sさんの自宅内の整理、清掃をしています。
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ごみ・・もう大変な量です。
以前、ご近所界隈からは【○○○のゴミ屋敷】と呼ばれていましたから。
Sさんの亡くなった独り息子さんが精神を病み、亡くなる数年前から異常行動で
買い込んだものは新品のまま手付かずに 二階の大きな部屋に山積。
歩くスペースもないその様子は窓の外の道路からも丸見えです。
昨日は、リサイクル業者が軽トラックで買取りしていました。

甥子さんがSさんに自宅の様子を話すと「息子が子供4人つれて帰ってくる」と言い
甥子さんが「もう亡くなったんだよ」と説明すると、Sさんは「親戚の白いヒゲの
おじさんが息子を生き返らせてくれたから、生きている」と言い張るみたい。
来年はSさんの独り息子さんの十三回忌だけど、Sさんの中では今も健在です。

ピンクのライラックです。
    ライラック2

続きは ↓ をクリックしてください。

三人三様の暮らし の続きを読む

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

終わりの桜

 2014-05-27
おとといは22度、昨日は雨で気温12度、もう、体がついていけません。
今年の春は気温差が大きく、出かけるには朝から天気予報を確認です。
で、今日は久しぶりに NHK近くまで出かけました。

楽しみにしていた白いライラックはもう終わっていて、見上げると樹の高い位置に
一ヵ所、白いちいさな はなぶさがついているのが見えた。
ん・・残念  実家へ行っている間が見ごろだったのね。
それでもピンクのはなぶさはまだ見ごろでした。
    ライラック

驚いたのは まだ八重桜が咲いていたこと。
昨日の雨に打たれうなだれて散りかかっている 白牡丹。
     白牡丹

一番の遅咲き 普賢像。 そろそろ終わるかな。
     普賢像
この桜で今年の桜は終わります。

近くの道沿いの花壇には色とりどりの花たちがあでやかでしたが、
この白い花が一番かがやいていたかなぁ。。。
     オーニソガラム    
名前がわかりませんご存知の方教えてください。
まっこさんから『「オーニソガラム」又は「オーニソガルム」だと思います。
和名「大甘菜」おおあまな。 花言葉は「才能」』 と、お知らせがありました。

そうそう、黒百合も見かけました。
     くろゆり
♪~くろゆりは恋の花 愛する人にささげれば・・・
かなり古いですね。  この歌がわかる方そう多くはないかも^^;

おまけです^^;   我が家の山アジサイが二年ぶりに咲きそう・・楽しみです。
     やまあじさい

ガクアジサイも小さな青い花芽が見えて来ました。
町なかは日、一日 咲く花の種類が増えてきています。


    
カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

ふるさとへ

 2014-05-24
私の生まれ故郷は深川(シンセンではありません^^;)
旭川の手前のふかがわで、幼児期に父の転勤で道南へ。

以前から、母が私に話があるとの連絡で、久しぶりに実家行ってきました。
また 遅ればせながら母の日のプレゼントと、いうことで母と妹の3人で
山奥の温泉一泊へ行ってきました。
話については後日載せることとして、今回はふるさとの大自然を。

駅に着くと妹から「ちょっと遅いけど梅園を見に行こうか」と誘いがあり、
私は6年ぶりにふるさと近くの梅園を見ることができた。
駅には今も、2008年洞爺湖サミットの国旗がおかれています^m^
    洞爺駅旗

ふるさとへは秋か、真冬時期に行くことが多く、春の風景は久しぶり。
途中、コンビニでお弁当を買い、洞爺湖 湖畔の風景を見ながら のんびり食事。
    洞爺湖1
いつ見ても癒される風景。  後ろの残雪の山は羊蹄山(エゾ富士)

洞爺湖の外輪山に当たるこの場所の斜面のほとんどが梅の樹です。
やはり、梅の見ごろは過ぎていました。
    梅園3

でも 可愛い梅の花はいくつも見られましたよ。
    梅園4

6年前の見ごろの様子。
    梅園5
正面奥の山頂に小さく見える建物が サミット会場になったホテル。

梅園の左には昭和に生まれた、昭和新山。 昔は山すそまで岩だらけだった。
    昭和新山

後ろの風景。 遠くの海向こうに大沼湖畔にそびえる駒ケ岳。
    駒ガ岳
駒ケ岳はことし3、4月に野鳥と大沼の自然撮影の思い出の地です。
            
いつも思うのは やはり私は『晴れおんな』のようです(#^.^#)
母と一緒にこのあと何回ふるさとの風景を見られるか、一緒の時間を大切にと思う。


カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(30)
タグ :

ちょっと留守にします

 2014-05-20
5月も下旬に入りますね。
桜をみて、花をめでてるうちに 吹く風は春から初夏へ移ろうとしています。
心地よい季節になりましたが、体調も崩しやすい時期でもありますね。
今日から数日間 留守にします。
写真もたまっていて、ギャラリーアップと思いましたがページが重くてね。。
ここに3枚ほど貼りますね。

ナビ友さんのギャラリーで初めて見ましたが、今年 お友達が鉢植えを購入し、
花壇に置いていた、ダンスパーティ・・・アジサイよね。

   ダンスパーティ

ご近所さんの椿。  ほかのお宅では八重が咲いていました。

   つばき

こちらの名前がわかりません。  小さいながら落ち着いた雰囲気の花ですね。

   white_20140519131932d79.jpg

では、行ってまいります。
コメント欄は閉じさせていただきますね。

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

始まりと終わり

 2014-05-17
桜もおわり、いまはライラックが咲き始めました。
北国の花たちは先を競って一気に咲き始め、花それぞれが順に命を全うし
長く寒い冬から開放された私たちの目を癒し、楽しませてくれています。

菩提樹・・名前を聞くだけで なんとなーく遠目になりそうな樹木です。
春の菩提樹を撮れたのでご覧ください.。

見上げるほどのたかーい樹ですよ。
   菩提樹3

なんともいえない柔らかな色合いです。
   菩提樹4

低い枝の若葉、いい色ですね^^
   菩提樹新芽

菩提樹の根元には子孫が元気に顔を見せています。
   菩提樹2

菩提樹の下は去年の種がいっぱい落ちている。
   菩提樹種

おまけ・・・つつじの赤を添えますね^^
   つつじ

タンポポも咲き誇るものと すでに役割を終えたものが。。
   わたげ

今日もご覧いただきありがとうございます

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

ご当地メシ自慢

 2014-05-14
北海道桜の名所、松前町の「血脈桜」樹齢280年超えています。
   血脈桜

yahooホームぺージを開くと、検索ウィンドウ下に小さく表記していた、
  「第2回 ご当地メシ 決定戦! 2014」
勝ち抜いた47メニューが決定 都道府県大会結果発表! ・・・が目に付いた。
中国、近畿、甲信越、北海道・東北、関東、九州・沖縄、四国、東海 の
地域を代表する旨いものがネットユーザーからの投票で決定する。

わが北海道は?と見てみると、
1位 ジンギスカン  2位 札幌ラーメン  3位 豚丼
4位 スープカレー  5位 エスカロップ  6位 今金男爵ポテサラごはん
1位~4位は知ってるけど、5位、6位は初めて聞くメニューです。

1位はやはり「6012票」獲得のジンギスカンなのですね。
北海道の屋外レジャーでは切り離せない焼き肉です。
お花見、キャンプをはじめ普段でも食べるし、北海道遺産だそうです。
お肉は以前は丸く形成した冷凍マトンでしたが 今は生のラム肉が中心。

ラム肉は脂肪燃焼を助けるカルニチンが多く含まれ、ヘルシーで
ダイエット効果が高いといわれる とページで紹介している。
独特のスタイルで食べるジンギスカン。
・・とありますが、食べ方にもタレに漬け込んだラム肉を焼く方法と、
焼いたラム肉をタレをつけてたべる方法があり、後者の方が一般的かな。
昔は前者の食べ方を「松尾ジンギスカン」、後者のほうを「義経ジンギスカン」と
分けていたように思います。

こちらは隣町のしだれ桜、樹齢300年と言われています。
   しだれ

「第2回 ご当地メシ 決定戦! 2014」の掲載期間は今年の11月8日 と表記なので
皆様もわが地域は?とのぞいてみてはいかがでしょう。
あ、それから今はジンギスカンとカタカナ書きですが、私が若かった昔は
【成吉思汗】と書いてジンギスカンと読んだ記憶があります^^;

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(20)
タグ :

初のセレブリティ・ミレニアム

 2014-05-12
今日(12日)何か予定があったなぁとカレンダーみて思い出した。
そうだ、クルーズ船がくるんだ、と午後から港へ行ってみると、
すでに入港していた豪華客船、セレブリティ・ミレニアム
ホームページには各クラスの客室の絵図も紹介されています。

行ってみると、遠くからでもはっきり見える船体は 恐ろしく大きい。
岸壁の端から端まででもまだ長い。
ネットでは91000トン、 全長 294メートル、幅32.2メートル。
バハマ船籍で乗客定員 2158人、乗組員数 999人。
船全体を写すには かなり遠くからだと周りの障害物が入り、近くなら
カメラに収まらない。
で、こんな風にしか取れなかったのは船撮りして初の経験だった。
4枚並べます。
   セレブティ-1

   セレブティ-2

   セレブティ-3

   セレブティ4

警備の方にたずねると船は横浜からで、お客様は海外の方々ばかりでした。
大きさに圧倒されて見ていると、カメラを持った70歳代前後らしい男性が
「大きすぎてカメラに入らないよね」と。  私は「そうですね、
写真に撮るには大きすぎですね」と撮る側のかってな言い分。
で、船の話や新たに大きな岸壁建設の計画があるとか色々新情報を聞いた。

また、車椅子に母親らしき人を乗せた女性が船を背景に車椅子の方の
写真を撮っていたり、けっこう多くの見学者がいました。
きっとニュースでも紹介があったのでしょうね。
6月寄港のダイヤモンド・プリンセスはもっと大きいのですから・・。

セレブリティ・ミレニアム 、次は 9月入港予定です。
   Celebrity_Millennium.jpg
写真はウィキペディアからお写真をお借りしました。

5/13【ぱしふぃっくびいなす】で、5/21日は【カレドニアン・スカイ】と
続いています。 いけるかな? 見られるかな? お天気しだいかな。。

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(12)
タグ :

散るさくら

 2014-05-11
・・残るさくらも 散るさくら。 街中の桜もソメイヨシノは散ってきました。
先日、散歩コースの散る桜に出会った。
桜吹雪とは まさに このことだと、思いながら感動で見ていました。
   sakura1.jpg

さくら吹雪の道は花びらの散歩道。
   sakura2

小さな流れにも、また その先の池にも。
   askura3

   sakura4

出先の道すがらのNHKにもさくらの種類が多かった。
紅白きれいに並んでいる。
   sakura8.jpg

白の名前は「雨宿り」、ピンクは「紅染井」と名札がありました。
二種のさくらの重なりを見上げる。
   sakura5.jpg

おもしろいことに「雨宿り」の散り方は椿のように花がポトリと落ちている。
   sakura7.jpg

樹の根元は白と芝生のコントラストがあざやか。
「紅染井」も花ごと落ちているが本格的な散り時は少し先のよう。

   sakura6.jpg

驚いたのは、ここにある十月さくらの若木に小さな花がいくつか咲いていたこと。
十月さくらを見たのは初めてで、思いがけない出会いだった。

近くにある白と紫のライラックのつぼみも膨らんできて開花がたのしみ。
目当てにしていた 他のさくらの名所 三ヵ所は今年も行けずに終わりました。

   
カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

認知症者のひとり暮らし

 2014-05-09
紅染井という品種です。  かわいいですね。

   紅染井

この大型連休に大変なことが起きました。
以前も 「いずれ行く道 」 でお伝えしたお隣の一人暮らしの認知症の高齢者です。

こどもの日の5日、我が家近くで救急車のサイレンが止まりました。
救急車が来る少し前、時々見かける介護支援センターの人二人が大声で
お隣のSさんを呼ぶが返事がなく、ベランダへ回りガラス戸を何度も叩くが
これもまったく応答がなく、やむなく救急車を呼んだ。
二階にいた私が窓から見ると、救急車がSさん宅の玄関前に止まり、驚いた私は
すぐ外に出てお向かいさんに駆け込んだ。
消防署の緊急通報システムは消防署からお向かいさんへ電話、留守なら
我が家へと電話が入るシステムです。
すでにお向かいさんには消防から電話が来ていた。

救急車が来てまもなく、パトカー1台と消防車2台が到着し、付近は
事態を遠巻きに見る人々があっと言うまに増える。
玄関もベランダも窓も鍵がかかり、しばらく中へ入るのに手間取ったが
どうやってあけたのか、救急隊員がお隣さんを玄関から運びだし、
救急車にのせて搬送した。
どうやら出火ではないが昨日、今日と聞いたところでは搬送先の病院で
手当をうけ、元気を取り戻したようです。
この緊急事態に Sさんの亡くなった兄の 70歳台の息子(甥子)さんが
200km以上離れた所から車で駆けつけた。

続きは ↓ クリックしてください。

認知症者のひとり暮らし の続きを読む

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

五稜郭公園の桜

 2014-05-08
6日に二年ぶりの五稜郭公園内の桜を見ました。
去年は行き遅れ、葉桜の幹に張り付くような花びらのいくつかを見ただけ。
昔から見ると、桜の花数が少なくなっているようで、枝の空間も目立ちます。
桜と一緒に園内の一部もご覧ください。 今回も縮小画像をクリックし画像拡大です。

お堀の外周路から。
   北側の堀  桜とタワー  

正門は混んで入るだろうと思い、久しぶりに裏門から入り、今回歩いたルートは
左写真の案内板の五稜郭図に白い線で表示しました。
   公園東裏口   裏口橋
右の写真はお堀の橋の上から見るとカモが二羽 ス~イ、スイと泳いでいましたよ。

お堀の周囲の桜も高齢化し、幹からは新しい命が生まれている。
   古木   石垣踊り子草
石垣も抜けている所、崩れ気味の所色々だけど、外来種の踊子草が咲いていて
これにはびっくりしました。  以前見たときは無かった。

裏門を進むと正面に高い石垣があり、道は左右に分かれいつもは右へ行くのですが、
今回は左(南側)↓ へ進みました。  右写真が北方向。
   石垣南方向  石垣北方向

左写真の土塁は傾斜が緩やかで道幅が広く園内では珍しい。
   土塁坂  南側
右写真は土塁の上から南方向を見ました。
この園内のどこかに まだ土方歳三が眠っているのでしょうか。

園内外の桜はほとんどがソメイヨシノで、山桜も数本あるとのこと。
   さくら1

園内は桜も多いけど赤松の巨木もあちこちに見られ、昔は何も無かった園内中央には
復元された箱館奉行所があり、観光客がいっぱいでした。
   赤松  奉行所
このあたりは、子供たちが幼稚園のころ、親子遠足で毎年来ていた。
以来、この付近を見ることはなくなり、いつも正門からばかりでした。

むき出しの土塁の傾斜地には、昔はなかった花をいくつも見かけ、歳月を感じます。
   土塁  花3

   花1  花2

オオイヌフグリはなんとか わかりましたが、あと二つは?。。。
今は園内でのお花見は禁止となり、焼肉などのお花見飲食はお堀の外だけです。
奉行所の復元で園内は大きく変化しました。
昔は滑り台もあり お弁当もち子供たちをつれて一日遊ばせたこともあったけど、
今は観光向けにすっかり整備され雰囲気が変わりました。

案内板の図にあるように、園内を歩いたのはほんのちょっとだけです。
いまだに見ていないところも多く、後々のお楽しみ、でしょうか(*^_^*)

カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(10)
タグ :

今年の桜いろいろ

 2014-05-06
大型連休も今日でおしまい。
きのう、長男が北へ、きょう次男が南へそれぞれ日常へ戻っていきました。
私も日常へもどりますが、とにかく「え?」が続出のGWで疲れました。

今日、やっと五稜郭公園内とその付近の桜を見て来ましたが観桜客であふれて、
早々に引き上げて近くにある図書館へ行きました。
公園と図書館で見ごろの桜を撮りましたが、風が強くすでに桜吹雪状態のところも。

五稜郭公園内の桜は1600本といわれ、ほとんどがソメイヨシノです。
   桜1

五稜郭近くの図書館には図書館が移転新築したときに植樹された桜の若木が
数種類あり、きょう見ると、満開は4種類ほど。
   さくら4

さくらというより、白いバラのようです。
   さくら3

しだれ桜ですね。  後ろの建物が中央図書館。
   さくら5

御衣黄(ぎょいこう)と思います。 ここにあるとは驚きでした。
   さくら2

図書館横で これから咲くのは関山、普賢象、陽光、八重のようです。
市内の桜は 今年は開花が早く見ごろ期間は短いと感じました。
郊外ではこれから見ごろかも知れません。

五稜郭公園内の桜の様子は後日に、載せたいと思います。
   
カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(20)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫