トイレの**子さん

 2014-03-30
【トイレの花子さん】いっとき話題になりましたね。
実は私も経験あるのですよ、トイレにまつわる不思議で怖いお話が。

私の小学校が旧校舎から新校舎に変わった4年生ころと思います。
授業中にどうしてもトイレに行きたくて、先生に許可をもらい、
トイレに駆け込み、出ようとしたとき、私の後から誰かが
トイレに入ってきて、ドアを閉める音がした。

そのときの私、なんの不思議も、恐怖感もなく自分の口から出た言葉は
『そうまさん?!』と、友達の名前を呼びました。
返事をした相手は『えーっ! そうだよ、どうしてわかったの?』と。
そうまさんも驚いたでしょうが、私だってびっくりよね。
今でもなぜか わからない、不思議な出来事でした。

もうひとつ、一生忘れられない恐ろしかったこと。
結婚間もないころ、夫の実家に行ったおり、義父は外出、義母と
義妹の二人がいて、私と3人で雑談していると、笑い顔の義妹が私に
『風香さん(ここは実名)、ある人がね、出かけた先でトイレに入ったら、
そこが洋式トイレだったの。 その人そんなトイレ使ったことないから
すごく困ったけど、急いでいたし、しかたないから便器に足かけて
あがって和式みたいにして おしっこしたんだって。
風香さん、どう思う?」と言った。

今から40年以上前なら、一般家庭だって洋式トイレは珍しかったはず。
ありうる話と思った私は その ある人のことを笑えなかった。
で、私は『洋式ってあんまり見かけないし、慣れたトイレじゃないとね。 
洋式も慣れないと無理だと思うよ。 洋式だけしかないトイレなら
しかたないよね』と答えた。

この時はそんな話のやり取りで終わった。

それからしばらくしたある日、夫の実家でまた義母、義妹と話していたら、
またトイレの話がでて、義妹が言うには、
『父さんがた(義父母)が旅行に行った時の話でね、母さんが急いで
トイレに入ったら、そのトイレ、洋式だったんだって。 母さんすごく
困ったけど急いでたから、便器にあがっておしっこしたんだって』と
笑いながら言った。
義妹の横で義母は恥ずかしそうに笑っていた。

以前、義妹が言っていた「ある人」は義母だったのです。
あの時、私が「ある人」の洋式トイレの使い方を笑っていたら、
そう考えたら、背筋が寒くなった。
私にとって【トイレの**子さん】は義妹じゃないかと思うお話しです。

2年前、郊外のダム公園での木瓜の花。
   木瓜の花


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 貴方に ** ~振り込め詐欺事件、被害者の方に

家族のために 貯めていたお金を 悪知恵に騙されてしまった
その くやしい 辛い思いは 如何ばかりでしょう
やさしい人ほど 被害に遭います 自分を責めては いませんか?
気持ちを強くもって 少しずつ忘れていって 元気を出してください
貴方には 貴方を心配してくれる 家族が居るじゃ ありませんか
ねえ きっと いい風が吹いてきますよ

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

ディア・ブラザー

 2014-03-28
きのう、今日とニュースのほとんどが【袴田巌さん釈放】です。
昭和41年に静岡県で一家4人の強盗殺人罪などで死刑判決が確定し、
刑が執行されぬまま48年間服役していた。
インタビュー受けていた若い弁護士は、まだ生まれていなかったでしょう。

逮捕は警察、検察の証拠捏造による不当逮捕であるといわれ、
つまり、冤罪ということであり、恐ろしくなる。
これは、何も日本に起きた特殊なはなしではない。
先日DVDで観た映画【ディア・ブラザー】とそっくりと思った。

【ディア・ブラザー】は2010年の日本未公開のアメリカ映画。
殺人罪で逮捕された、兄ケニーの無実を証明するため、10年間かけて
弁護士資格をとり、18年かけて兄ケニーの無実を証明した、
ベティ・アン・ウォーターズの実話。
ここでも警察の証拠捏造による冤罪と証明されます。

   

ウィキペディア で大まかなあらすじ紹介です。

主役のベティ・アンをヒラリー・スワンク(私はあまりわからない)
兄のケニー役を【みんな元気】で好演していたサム・ロックウェル。
ベティ・アンを助け一緒に活動する、友達にミニー・ドライヴァー。
この女優さんはグッド・ウィル・ハンティングやスリーパーズでも良かった。

映画ゆえのドラマチック展開もあるでしょうが、ラストは泣けました。
で、終わりの説明には・・・
8年後、2009年7月 ベティ・アンは エーア警察やテイラーから巨額の
賠償金を勝ち取った。  テイラーの罪は時効のため 刑事告発は免れた。
ベティ・アンはパブを共同経営しながらイノセンスプロジェクトに協力。
この事件の犯人はいまだ捕まらず未解決。

このような事件は探すとまだ出てくる可能性はあるかもしれないが、
考えてみると、いつわが身に起きるか想像だけでも恐ろしい。

3年前の、となり町で撮ったこぶしです。

   コブシ


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 思い出 Ⅲ **

路地を曲がった 五軒長屋の まんなかの家に 父母と連れあいと
一人息子の健一 それに私 五人で暮らしていたの
風呂もテレビもなく 棚の上のラジオから 「君の名は」を聞くのが
楽しみだった 
ちゃぶ台を囲んでの夕食 笑いが絶えない家庭
あれから 60年 今は一人の生活 でも 私には 思い出がある

カテゴリ :本・映画 トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

冷や汗の思い出

 2014-03-26
今日は次男の冷や汗ものの思い出話です。
ケガも多い子だけど驚くことは もう、たくさんある。

次男の4~5歳ころは近所に 歳の近い遊び仲間の男の子が4~5人いたので、
毎日 朝から晩まで目いっぱい遊びほうけていた。
行方不明になったことも数知れず、真っ暗になっても帰らず警察に捜索を
頼もうかと思ったこともあった。

近所の空き地に板切れ、ビニールなどで犬小屋風をつくり【基地】と言ったり
虫かごに草をいれ、昆虫がいないからと、ワラジ虫を飼っていたり・・。

歯科医院で治療中に眠ってしまい、先生が『これは大物だ』と・・・^^;
がっちり閉じた口から治療器具が出ていたっけ。
先生と歯科衛生士が恐る恐る、やっと器具をとりだした。

行動範囲の広さはあきれるほどで、私が次男をつれて近所を歩くと、
『おっ! マーちゃん』と、私の知らない大人からも声がかかる。
ご近所さんには『今どき珍しいよね、マーちゃんみたいな子どもは。
昔はたくさんいた、子供らしい子供だよね』と、褒めているのか
呆れられてているのかわからない。

今は完全水洗だが、当時はどこの住宅も簡易水洗トイレで、あちこちで
バキューム車を見かけることがあった。
そんなある日のこと、次男を連れてスーパーに行く途中の出来事。
バキューム車の近くを通りかかると、次男は作業員にむかって、
『ウンチ屋さーん』と呼んだのだ。   私は仰天した。
が、その作業員は『おー! マーちゃん』と返事した。
つくづく私は この子の行動範囲はいったいどこまで?と思った。

そういう性格だから幼稚園時代から大学卒業以後も友達は多い。
次男本人は小さいとき、思いっきり遊んだから後悔は無いと言っている。
そのせいか、社会人になり、帰省しても居るのがわからぬほど静かだ。
先日、5月のGWに帰省するとメールがきた。  年一回の行事です。

次男5歳の頃、夜、カーテン裏で真っ暗な空を見ながら描いた、
空想の絵で、夜空の花火と下の右端は自宅前の自分の花火だそうです。
   花火

長男も何度か行方不明になったことはあるが、次男ほどの行動は
あまり記憶が無い。
二人とも ちゃんと悩ませてくれて、私に親の努めをさせてくれた。
親として、人として成長させてくれたことに感謝すべきでしょう。
後は、息子たちがそれぞれに規律正しく生きて欲しいと願うだけ。

きのうの飛行機雲。   たぶん東京へでしょう。
   飛行機雲


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 背負う **

教科書を 風呂敷に包んで 学校に通っていた息子
私と母とで内職をして ランドセルを 買ってあげた
 母ちゃんありがとう
家中を ランドセルを背負って 駆けまわっていた健一
あれから 58年 あなたは今 何を背負って いるのかしら

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

縞模様のパジャマの少年

 2014-03-24
久しぶりに2009年日本公開の衝撃的な映画(DVD)を見ました。
フィクションですが ホロコーストに関係する内容で、私には恐ろしかった。
ウィキペディア からあらすじを紹介。

8歳のブルーノ少年は軍人である父親の仕事の都合でベルリンから
遠く見知らぬ土地へ引っ越してきた。
遊び相手も無く退屈な日々を過ごしていた時、家から少し離れた場所に
農場のような施設を発見する。
親たちの目を盗んでその施設へ行くと、そこに縞模様のパジャマを着た少年、
シュムエルが地面に座っていた。  シュムエルは8歳のユダヤ人だった。
毎日 退屈していたブルーノと強制収容所で寂しい思いをしていたシュムエル、
何度か会ううちに二人の間に友情が芽生える。  ブルーノがその施設へ行くことは
大人達に禁じられているから、シュムエルの存在は家族には秘密だった。
ある日、ブルーノの母親は子供達と一緒に家を出ることを決める。

ブルーノは引越しの当日、収容所から姿を消したシュムエルの父を探すため、
シュムエルと同じ縞模様のパジャマを着て収容所に紛れ込む。
しかし、シュムエルとブルーノはナチ兵士の誘導のまま、他のユダヤ人と共に
ワケもわからぬまま「シャワー室」に入ってしまう。
何も知らない家族はブルーノを懸命に探すと、フェンスのそばにブルーノの
衣服が脱ぎ捨ててあり、父親は必死で収容所内をさがす。
母親はフェンスの前でブルーノの服を抱きしめ狂ったように泣き叫ぶが
ブルーノが入れられたシャワー室のドアは開くことはなかった。

YouTubeから、予告編をどうぞ。

   

ラストは本当に怖かった。
以前、ここでも紹介した【黄色い星の子供たち】以上の衝撃でした。
ネット検索すると、2008年に本として出版されていた。
ウィキペディアから拝借の本画像。
        books_201403241814127aa.jpg

図書館にあるのかネットで調べるとあったので 即、ネット予約。
お勧め映画と思います。

☆ 今日は 柴田 トヨさん の詩集はお休みします。

カテゴリ :本・映画 トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

福島さんのトマトと桃

 2014-03-22
スーパーでトマトを買おうと売り場に行くと、そこに若い男の子がいた。
じっとトマトを見ている。
いつものトマトを買おうと品定めしていると、隣の若い男の子が
おもむろに『こっちと、こっち、どう違うんでしょうね』と私に聞いた。
見ると二十歳代。  私が『学生さん?』と聞くと、『はい』。

今日は二種類のトマトがあり、いつも私が買う野球ボール大の3個いりが
105円で、一方はそれより一回り小型で5個いり105円。
見ると、産地が違っていた。

そこでおばさん(私)はその男子学生と立ち話になった。

私 :産地がちがうよ、こっちは福島産ね。 福島の方は小さいけど
   新鮮で活き活きしてるね。
学生:こんなにきれいで新鮮なのに安いですね。
私 :ん・・福島産が理由なのかしらね。
学生:あ・・・。
私 :2年くらい前かな、小ぶりだけどみずみずしくてきれいな桃が
   福島産って書かれて、一個100円だった。
学生:えー?。。 前に、福島にボランティアで行ったことあるんですよ。
   ひどいものですね。 福島の人は本当に我慢強くて、誰もが言うけど、
   ほんと元気貰ってきました。   
   海外からもボランティア来てましたが、半分観光半分ボランティア
   そんな感じの人がいましたね。
私 :私は今日は福島のトマトにするわ。(5個いりふたつ買った)
学生:僕も、福島に協力します。 ありがとうございます。

福島産(さん)トマト
   トマト

こういう、若い男の子いるのですね、感心通り越し感動でした。
つくづく、いい意味で親ごさんのお顔みたい、そう思いました。
そして、学生さんの買い物姿に 息子たちの学生時代を想ったのでした。

   もも
2年ほど前、スーパーで見て、購入した福島産(さん)の桃。


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 私だったら ** ~振り込め詐欺に遭わないための詩

テレビ 新聞の報道 人の噂に 耳を傾けて 
他人事(ひとごと)ではない と 自覚しなくてはね
その対策も 考えておくことが必要 私だったら
 健一 すぐ振り込んでやりたいけれど 母ちゃん 体がわるくて
 明日入院するの 知り合いの御巡りさんに 至急 
 頼んでみるから待って居て  
そう答えて 電話を切る 先ずは 落ち着くことよ
そして誰かに相談してみましょう しっかりすることが肝心
※ 埼玉県警察「振り込め詐欺防止ポスター」に寄せて 2010年10月

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

雪がとけると

 2014-03-21
3月も後半、お彼岸がきて、春が近いを感じます・・・が、
きのうの雨が夜半には雪になり、けさ見るとまた、積もっていました。
今日、午前9時の状態です・・・悲しい
   ゆき

これでご近所さんの今時期の風景、物陰の融けずに積もったままの雪出しや
氷割りが中断される。
昔から実家の母が言っていた【彼岸荒れ】は本当だった。

       * * * * * * * 

この時期はご近所さんの自宅周辺の雪が氷になっているので、お天気の日は
あちこで氷を砕く音が聞こえてくる。
ガッツ、ガッツ、コン、コン、コン。。。
剣先スコップやツルハシ、氷砕き専用器具だったり、いろいろです。

やっと道の雪も消えてきて、嬉しいけど嫌なものが目に付く季節。
今迄真っ白な雪におおわれ道の汚れ、ゴミが目立たず良かったけど、
これからはそうは行かないのです。

ゴミと一緒に空き缶や菓子類の袋、砂も多いけど、
まず驚くのはペットの排泄物。
おしっこなら残らないけど、ウ*チはそうは行かないでしょう。
冬もワンちゃん連れのお散歩を見かけますが、排泄物用の袋を持つ人は
あまり見かけない。
夏はちゃんと袋持ちの飼い主さんが多いのにね。

やがてその排泄物が乾燥してきて砂やゴミにまぎれてしまう。
当地は これから6月くらいまで風が強くなります。
そこから先の話は・・・もう、嫌になりますよ。

先日の晴天で出かけた先でソメイヨシノの若木をみました。

   さくら

せっかく膨らんできてた花や木の新芽も この大雪でびっくりしてるでしょうね。


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 振り込め詐欺犯さんに **

今 あなたのしている事を知ったら あなたの家族は どうおもうかしら
子供の頃 あなたには やさしい心があったはず
風の囁きも 聞こえた筈よ 
弱い人たちを 苦しめないで その知恵を 良いことに使ってください
※ 埼玉県警察「振り込め詐欺防止ポスター」に寄せて 2010年10月

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(20)
タグ :

カメラストラップ

 2014-03-19
おととし(?)、ネットで購入のカメラストラップの縫製がほつれた。
   ストラップ
模様が気に入って注文すると、注文してから製造、発注元が中国とわかり、
キャンセルもめんどうで、ま、いいかと。
安かろう、悪かろうだったんだね、しょうがない。
で、一応ミシンで修理したけど、以前から気になっていたストラップを
手作りすることにしました。

おととしだったか、カメラバッグをミシンで縫ったので生地はあった。
   カメラバッグ2
交換レンズやこまごましたものも入りますが、なかなか出番がありません。
   カメラバッグ1

去年からストラップ用材料は揃っていたのに、ずぼらして延び延びになっていた。
   ストラップ材料
うっかりDカンを一緒に写すのを忘れました。

集中すると疲れるので気の向いたときのミシンがけで 出来ました。
   カメラ&ストラップ

おそろいが完成です。
   バッグ&カメラ

去年?・・カメラのみが入る小型も作ってみました。
   カメラバッグ3
こちらは、いまお蔵入り状態になっています。


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

 ** 百 歳 **

 私 来年になると 百歳になるの
 奉公 戦争 結婚 出産 貧しい生活 
 いじめられたり 悩んだり 辛いこと 悲しいことも あったけれど 
 空は 夢を育み 花は 心に潤いを 風の囁きは 幾たび 
 私を 励ましてくれたことだろう
 あっ という間の99年 両親も夫も お友達も 
 みんな 逝ってしまった
 でも 次の世で会えるわね 私 笑顔で会いたい
 そして いろいろなこと 話してあげたい
 百歳のゴールを 胸を張って駆けぬけよう

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

郵便料金

 2014-03-17
皆様は 今年のお年玉付き年賀ハガキの【お年玉】いかがでした?
我が家は いただいた年賀はがき 百数十枚のうち、なんと・・・
【切手シート】が一枚! 一枚ですよ、すごいでしょう?
   切手シート
初めての経験でしたねぇ^m^   増税前 最後の貴重な切手シート。

きょう 郵便局へ行く用事があったで ついでに、交換してきました。
あ、それと ついでのついでに書き損じと未使用の年賀ハガキを
インクジェットハガキか切手と交換しましょうと。。

窓口の職員が『ハガキは4月から52円になるので、手持ちハガキがあれば
2円切手を張ることになるので 2円切手もありますが・・・』と。
そうだったよね、切手もハガキも増税されるんだったね。

そこで、窓口の若い女性職員二人が、電卓で計算してくれました。
で、自宅にあるハガキ20枚分の2円切手20枚と、はがき5枚の交換で30円也。
   郵便

今日の気温プラス7度にはなったでしょうか、青空で心地よかった。
・・・でも、和室の窓の外は屋根からの落雪でこの状態。
   yuki.jpg

ここだけ春はまだ先のようです。


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 倅に Ⅳ **

職も 転々とかわり いい事がなく 宝クジを買っても 当たったことがない 
そう 嘆くけれど しっかり者の 連れあいにめぐまれ 当たったじゃないの
人生に 当たり外れなんて ないのよ 気持ち次第で 青い空が見えてくる 
風の声だって聞こえるわ さあ 笑顔を見せて

** 思い出~別れ **

給金を貰った春の夕べ 橋のたもとで ふーちゃんが
 トヨちゃん 私 明日故郷へ帰るの   小さな声で告げた
おっかさんの具合が わるいんだわ って その時思った
柳の木にわたのような 花が咲いて 涙があふれて 止まらなかった

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

野鳥たちと遊ぶ

 2014-03-15
初めて冬の大沼公園へ野鳥撮りに行ってきました。
撮影のうちの数枚を載せたいと思います。

野鳥がいる湖畔まで降りていけるように階段や手すりが設置されていました。
ほとんどの野鳥たちは湖の中ほどにいて、みんな の~んびり。
写真には入りきらず、その数、100羽はいただろうか。
   野鳥1
 
湖は全面凍っているので、野鳥にはここだけが餌場になっている。
白鳥は羽や首の色がライトグレーなので今年の幼鳥でしょう。
   野鳥5

まもなく、野鳥たちにざわめきが起こり、みんな岸辺に寄ってきた。
大きなダンボール箱を抱えた男性が角パンをとりだし ちぎって鳥たちに投げている。
   野鳥2

私にも『やってごらん』と、パンをいただいたのでやってみました。
すさまじい食欲にびっくり!  遠くにいた白鳥が湖面を走って来た。
しかし体の小柄なマガモ、カルガモの動きが早く、白鳥の間に入ってくる。
   野鳥3

子供の白鳥は動きも、要領も悪くてほとんどカモたちに横取りされる。
   野鳥6

なにせ、数から言ってもマガモ、カルガモが優勢で、スローモーな子供白鳥は
うろうろ、クワー、クワーと騒ぐも なかなか パンにありつけない。
で、仲間で戦闘態勢をくんだのか?!
   野鳥4

白鳥にも負けん気の強い子はいるもので、マガモの中に割って入る。
   野鳥7
ほかで騒々しくなり、見ると、なんと白鳥がカルガモの羽をくわえて離さない。  
羽をつかまれたカルガモはバタバタ大騒ぎ。 
まもなく離してやったが、当の白鳥は静かにすましたもの。
餌を横取りされた倍返し?  鳥の世界でも食べ物の恨みは恐ろしや。
自然界は強いものだけが生き残るというおきてを改めて教えられました。

   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 地団太 **

昔 玩具店(オモチャヤ)の前で 道に寝転んで 刀を買ってくれ と
地団太ふんで 私を困らせた 倅 今白髪になって いろいろ私を 
諭すようになった 若くなる 薬を買ってちょうだい 今度は私が 
地団太ふんで みようかしら 畳の上に寝転んで

** 競馬 **

先に走ってる馬より みんなの後ろに居て ここぞという時
風を切って 必死に 追い込んでくる 馬が好き
がんばれ がんばるのよ 私はテレビに叫ぶ
始めはビリでも やれば一番になれる 貴方だって きっと出来るわ


カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(24)
タグ :

新しい体験

 2014-03-13
きょうの記事は 記念すべき100回目なので新しいニュースです。
散歩コースにある八重桜、まだまだ芽はカッチリと硬い。
   八重桜
木の周囲の雪もまだ、深い。
 
お友達との約束で大きな商業施設へ行ってきました。
去年12月、市の郊外に【函館 蔦屋書店】がオープンしました。
東京の代官山に1号店、当地が2号店だそうです。

オープン三日目に一度見て、今日が二度目です。
とにかく、広い・・・。
フロアは一階と二階では雰囲気が がらりと違う。

一階にはコンビニ、スターバックス、花屋、文具、コスメ、etc。。。
エスカレーター、エレベーターも設置されていますが、広すぎて
歩くことの方が多いかな、と思った。

二階のレストランでお昼をいただいたのですが、メニューの価格帯も手ごろ、
そして、美味しいの。   とても得した気分。
食べながら友達と話をしたのは『2号店が札幌ならわかるけど、
どうして ここなのでしょうね?』と。
友達は東京で学生時代をすごし、そのまま東京生活を経験しているので
どっぷり地元目線ではないのでしょう。

彼女は『函館は魅力ある 歴史、文化的価値、遺産がたくさんあるのに、
住む人がそれに気づいていないことがある』と言っていた。
街の良さ、都市としての価値観は意外に外から見るほうがわかるのかも。

また、『来年は新幹線が開通するよね、蔦屋が駅周辺に出来ていたなら
今よりも何倍も お客さん入るんじゃない?。
駅から遠い郊外にどうして?  駅前なら土地が高いのかしら?』とか、
勝手な想像のおしゃべりをしながら店内見て歩き、楽しかったのですが、
広いことはけっこう疲れます^^;

先日の温泉の売店にあり、限定文字に惹かれ購入ました。
   クッキー2

味は・・・クッキーはクッキーでした。


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** お友達 **

奉公先で いじめられ 手水場で泣いて 勝手口に立つと
何処かで こおろぎが鳴いていた がんばれ がんばれ
コロコロ 鳴いていた
あれから 80年 こおろぎさんとは お友だち

** 朝顔 **

家の垣根に朝顔が ひとつ ひっそり 咲きました
次の日 ふたつ 咲きました 三つ咲いたら出稼ぎの
夫の便り届くでしょう そんな昔を思い出す
朝顔 私の 好きな花

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(12)
タグ :

3・11 によせて

 2014-03-09
あの日から、あの恐ろしい出来事からもうすぐ、まる3年になる。
平穏な日常が繰り返された日々の時間は もう戻らない。

   murasaki.jpg

柴田とよさんの詩集の中に 東日本大震災被災者への想いをつづった詩があります。

   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・


** 被災者の皆様に **

あぁ なんという ことでしょう テレビを見ながら
ただ 手をあわせるばかりです 皆様の心の中は 今も余震がきて 
傷跡がさらに 深くなっていると思います
その傷跡に 薬を塗ってあげたい 人間誰しもの気持ちです
私も出来ることは ないだろうか? 考えます
もうすぐ百歳になる私 天国に行く日も 近いでしょう
その時は 陽射しとなり そよ風になって 皆様を応援します
これから 辛い日々が 続くでしょうが 朝はかならず やってきます
くじけないで!

   YELLOW.jpg

** 被災者のあなたに **

最愛の人を失い 大切なものを流され あなたの悲しみは 計り知れません 
でも 生きていれば きっと いい事はあります
お願いです あなたの心だけは 流されないで
不幸の津波には 負けないで


地元の声は 津波と原発事故の二重災害からの復興はまだ、道半ばと。
まして、心の復興には長い時間が必要と思われます。
この3年で、復興のあり方も地域ごとに変化が出てきて一様ではありません。
復興への様々な問題が横たわり、それが手かせ足かせ、さらに役所の縄張りや
縛りで復興が進捗しないとなれば残念でなりません。
私たちの 年金から復興税も源泉徴収されています。    
復興税本来の被災者の役に立つ、正しい使われかたをしているのか、
無駄に流れて闇に消えていないか、納税側としては気になります。

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(30)
タグ :

今年の豪華客船

 2014-03-07
今年の客船寄港予定をWEBでしらべてみた。

去年(2013年)は4月~9月までトータル14回。
今年は4月~11月頃までに同じ船の複数回含め36回が予定さている。
去年のほぼ3倍ちかい。  すごい!
中でも一番大きな客船は【ダイヤモンド・プリンセス】115,875トン。
今年は5万トンクラス以上が多いのも特徴で、初寄港の客船もあるみたい。 
夏時期には2日~3日に一回は姿を見られそうです。。
去年初めてみた【サン・プリンセス】は13回寄港予定で、一番多い。
【サン・プリンセス】去年の写真。   
   サン・プリンセス

私が始めて豪華客船を見たのは10年前の【セブンシーズ・マリナー】
   セブンシーズマリナー3

私も去年初めて知ったのですが、豪華客船の出航を岸壁で見送るための
踊りがあります。  YouTubeで見つけました。
 
     

踊りは【イカ踊り】夏の港まつりで町なかを踊り歩くのです。
見送りはまだ 一度も見たことはないけど、なんとも賑やかで楽しいイベント。

また、また 今年の夏の楽しみがふえました。

   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 空に **

病院の ベッドから 眺める空は いつも やさしい
雲は ダンスをして 笑わせる 夕焼けは 心を洗ってくれた
でも 明日は退院 この一と月 ありがとう
家に帰ったら 手を振るわね 気がついてね きっとよ

** 夕暮れ **

ヘルパーさんの 用意してくれた 夕食を終えて 戸を閉める時
隣の家から 家族の笑いあう 声がきこえる
倅夫婦は どうしているかしら 
彼方の空の夕星が 涙のように光ってる

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

気になる夢

 2014-03-06
先に可愛いワンちゃんの写真を載せます。
市立博物館入り口で 飼い主をじっと待っていましたよ、可愛いね。
   ワンちゃん      
犬種はわかりません。  ちいさなライオンみたい。

今日、明け方の夢だったと思う。

次男が5歳くらいで、私が旅行に連れて行き、次男が行方不明に。
帰りの列車時間がせまり、あせっていると亡くなった義父が連れてきた。
ケガをしていないか、次男を見ると次男は『おかあさん、これ』といい
頭を見ると、髪の毛が半分抜けていて、義父は何もいわず次男の頭をみていた。
そこで目が覚めた。
寝覚めが悪くて、朝からゆうつになる。

冬はスノーボードに夢中で、あれほどの大怪我の後も続けてる次男。
そんなことが私の心の中で重く沈殿してるから、夢をみるのか。
スノーボードでなくとも仕事中のケガや、事故、事件に巻き込まれなど、
気になりだしたら きりがないけど、ね・・。

一週間ほど前は、夢に義父母が出てきて私の息子たちと何かしていたが
もう、記憶が消えかけて思いだせない。
こんな、めったにない夢を見ると、気になるじゃない。

義父が亡くなったのは 次男の高校入学式の前日だったし、義母が亡くなったのは
次男、高校3年生で、もう13年にもなる。
たまに実家の母や妹たちも夢に出るけど・・・。
夢は五臓六腑の疲れと聞いたことあるが、そうかなぁ。。

今日は天気予報、大当たりで、湿った雪が吹雪いています。
イチイの雪融けツララがまた復活しました。
   凍るイチイ

   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 教わる **

母に縫い物を 教わりました 連れあいには辛抱を 教わりました
倅は詩を書くことを 教えてくれました
みんな 私には 役立ちました そして今 人生の終わりに
人間の優しさを 震災で教わったのです 生きていて よかった

** 耳が遠くなって **

耳をすますと 冷蔵庫の唸る音 風が戸を叩く音 聞こえるけれど
この頃 人の声が よく伝わらなく なってきた
しっかり聞くように 努力している 私
でも嫌いな話は わざと聞こえないふりをしている お澄まし顔で

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

山の上から見ると

 2014-03-03
春がきた、と思いきやまた、少しだけ雪が積もりました・・。
小春日和と雪日和を繰りかえしながら、春はゆっくりやってくる。

今日は 見晴らしの良い所を ご紹介です。  また縮小画像をクリックし拡大で。
はい、こちらです。  
   函館山  ミシュラン
ミシュランに風景評価があるとは知らなかった。

左写真、伊能忠敬の北海道測量の開始地点の記念レリーフ。
   伊能忠敬  方位
円形の方位板には方位の他、春分、秋分、冬至の日の入りの他に
世界各国の都市の位置方向も表示されています。  

この時タイミングよく、東京から(?)飛行機が・・着陸体勢です。
   着陸1   着陸2

左写真、立待岬から津軽海峡の向こうに見えるのは青森県、下北半島。
   立待岬   大間原発

右写真は目一杯ズームして撮った、下北半島、大間町。
原発工事が進んでいるのが見える。 最短距離で20kmとか。
もし、原発事故が起きると、遮る物のない当市は確実レッドゾーン内ですね。
考えると、表現しようの無い いらだち感を覚えます。


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・
 
** やさしさ **

歳をとると やさしさが ほしくなるの それが栄養になって 元気になる
でもね 偽りのやさしさを食べた時は 吐いてしまった
真実のやさしさ 手料理を いただかせてください

** 道 (あなたに---) **

好きな道なら でこぼこ道だって 歩いていけるわ 辛くなったら
少し休んで 空を見て まっすぐ 歩いて行くのよ
付いて来るわよ あなたの影が がんばれって 言いながら

カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(22)
タグ :

お友達の色々

 2014-03-01
今日より 弥生三月、やっと春が近づいた気がします。
お花屋さんではアストロメリア、やがて草地には福寿草かな。
   アストロメリア

三日前、サークルの親しい友達のMさんからメールがきた。
会って話がしたいとのことで、昨日、出かけた。

Mさんとの話の内容はお互い、サークル内の悩み事と頼みごとで、
話を聞いていると、WさんとTさんのこと。
このWさんとTさん、私も少々困っていた部分もある二人なので、よくわかる。

何処にでもいる【困ったちゃん】、いい大人になってもねぇ。。。
個性が強いのはかまわないけど、自己主張を通そうと周囲に困惑を与える。
なぜ、そこまで固執するのか、私には理解不能なのだけど。
たぶん、自分の立ち位置を断固死守の気概なんだろうな・・。
Tさん、頑張り屋さんで 私は嫌いじゃないから、せつなくなる。

しかしWさんは【困ったちゃん】と言うより【迷惑ちゃん】だ。
ある時サークルの先輩が『節電も協力してるけど、本当に電気足りないのか、
原発稼動の理由にしてるのか』と言ったとたん、Wさん、『節電協力って
言ってんだから協力するのが私たちの役目でしょ』と突然大声で怒り出した。
周りに居た4~5人びっくり、唖然となった。  私、カチンときたのね。
『節電と原発の話、一緒の土俵で論争してどうするの。 今は研修でしょ?!』
口調がきつかったのか、よけいに静かになってしまった。
Wさん、話の前後関係無視し、いきなり怒り出したり、突っかかったり。
もうちょっと、大人になってほしいと思うのは他の人も同じようだ。
色々な人のおかげで 私は学ばせてもらってるのでしょうね。

町の全景の昼と薄暮のころ。 例のごとくマウスポインタ載せてみて^^
   
   

交友範囲の広いMさんは私には大切な友達であり、情報源でもある。
昨日のように たまに会い、おしゃべりはお互いの気晴らしになっている。

私の一番好きな紅茶、レディ グレイ お勧めですよ。
   紅茶


   はっぱ

    ・・・ 柴田 トヨさん の詩集 【百 歳】から ・・・

** 倅に Ⅲ **

時々 腹を立て 私を怒鳴ったり するけれど
涙をこぼしている あなたを見ると 若い頃 一生懸命
あなたを叱った 私を思い出して 笑ってしまうの
健一 気楽に いきましょう 血圧があがったら どうするの

** 頁(ページ) **

私の人生の頁を めくってみると みんな色あせて いるけれど
それぞれの頁 懸命に生きてきたのよ 破きたくなった 頁もあったわ 
でも今ふりかえると みんな なつかしい 
あと一頁と少しで百頁 鮮やかな色が 待ってるかしら
  
カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(26)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫