癒しの空間

 2017-07-12
今年も後半になりました。
先月、大沼公園の小沼に黄色の睡蓮を見に行きましたが、
当然 大沼湖へも行き、私の大好きな空間へも。

久しぶりの一番好きな場所、癒し空間です。
  IMG_9852.jpg
   
今回は あのベンチにすわり、長いこと湖面や周りのみどり、野鳥のさえずりと
柔らかな風の中で癒しと和みの時間をすごしました。
  IMG_9850.jpg

あの時は大沼の睡蓮開花に早くて、コウホネがいっぱい。
  IMG_9853.jpg

  IMG_9873.jpg

  IMG_9854.jpg

  IMG_9875.jpg

散策路でこの季節見かける名の知らぬ野草。
  IMG_9847.jpg

ちいさなカタツムリも森林浴?
  IMG_9838.jpg

みなもに映る初夏の風景。 
  IMG_9860.jpg

  IMG_9857.jpg

公園入り口には今年もハマナスが元気良く。。
  IMG_9842.jpg

  IMG_9843.jpg

黄色の睡蓮のある小沼散策路へは踏み切りを通ります。
  IMG_9814.jpg
下りの札幌方向です。

数枚撮っていると、♪~キンコン カンコン キンコン カンコン 
札幌から函館への特急スーパー北斗が通過です。
  IMG_9822.jpg

特急スーパー北斗から北海道新幹線へ乗り換えの人も乗っているのでしょうね。
やはり、大沼公園は私の心のゆりかごみたいな空間です。
でも、猛暑の真夏は遠慮して、初秋の風の香りがする頃にまた。

今頃は大沼湖の清楚な白い睡蓮も咲いているころかしら。。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

新緑を歩く

 2017-05-29
先週 郊外の広大な 見晴公園(別名、香雪園) の新緑の中を歩きました。
去年の春は悪天候が多く出そびれて、紅葉時期は母の入院・葬儀で足が遠のいた。
春の公園は2年ぶりで、今回は前回より2週間遅れていたためか、見かける花も
樹木の葉の色も全く違って見えるものだと思いました。
ここは秋の紅葉が有名で、人出の少ないこの季節は歩くには一番。
新緑がまぶしい中を道なりに歩き、時に道をそれ、木々を見上げます。

画像は縮小なので、クリックすると最大 1024 × 682pixに拡大します。
お気に入りがありましたら どれでもお持ち帰りは自由です。

正面入り口と右画像は散策路。
見晴公園  園内通路1

爽やかな黄緑色の光につつまれたような気分です。
園内通路2  遊歩道から

2年前よりも時期が遅いためか、見かける花も違っていました。
園内の花2  園内の花1
花の名前はわからないけど、ちいさな、ちいさな花でした。

淡い緑色のもみじもあれば、秋の紅葉の色のもみじも。。
もみじ1  ハルモミジ3


ハルモミジ4  もみじ2

左がシロザクラ、右がサラサドウダンツツジ。
シロザクラ  サラサドウダンツツジ

赤と黄緑のもみじや かえでも日差しを通すと とても美しい。
かえで1  ハルモミジ2


ハルモミジ1  かえで2

イロハモミジが花をつけていました。 右が花ぶさ。
イロハもみじ2  イロハもみじ花1
  
花をアップで・・。
イロハもみじ花2  イロハもみじ1 
木々や花を見ながら、自然は毎日同じではなく変化の連続と、改めて実感です。
人もまた、同じですね。。。

本日もブログへの ご訪問ありがとうございました。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(20)
タグ :

水芭蕉探しに

 2017-05-01
4月下旬に 今年も大沼森林公園へ行ってみましたが、時期が少し早かった。
去年は5月上旬だったので、今年は園内のあちこちには まだ雪が残っていました。
今回もオンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

 

決められた遊歩道を歩きます。
道をそれると迷子になるし、雪解けのぬかるみがあり危険です。
 

板張りの遊歩道から水の中を覗くと、去年の落ち葉がいっぱいです。
アメンボウが水面を走っていました(*^_^*)
 

時期が早かったので、ふきのとうも少しだけ。
こちらは ふきのとうの雄株でしょう。
 

こちらは雌株と思います。 やがて高く伸びて綿毛を飛ばします
 

雪解けの水溜りに周囲の風景が映りこんでいます。  
遠くに水芭蕉も見えましたが、遊歩道からそれるので行けなかった。
 

去年も見た黄色の花、ナニワズと、野草の新芽。
この新芽はかなり大きくなる野草と思います。
  

大沼公園はミズナラの木が多いので、ドングリをたくさん見かけます。
下画像はネコヤナギの小枝かな、フキの葉に落ちていた。
 

残雪いただく駒ケ岳(標高1,131 mの活火山)です。
下の画像は同じ位置から今年の2月で、一面結氷の上を歩く人。
 

で、タイトルの水芭蕉は?って思いますよね。。
今年は早くに出かけたので失敗でしたが、それでもけっこうありました。
下の画像2枚はクリックで 1024 x 682 pixに拡大するので最大にして
お持ち帰りいただいてかまいません。

水芭蕉1  水芭蕉2

来年はほかの花たちも見られるころあいを狙いたいと思います。
今日も ご訪問ありがとうございました。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

今年の大沼の野鳥

 2017-03-13
2週間前の2月末に野鳥を見るために大沼公園へ。
今年は温かめなので、2月末に渡り鳥はいるのか、心配だったけど・・・
まだ たくさんの野鳥がとどまっていたのです。

今回も縮小画像なので、クリックで800×533pixに拡大して ご覧ください。
お気に入りがあれば、ご自由にお持ち帰りOKです。

大沼公園には、大沼湖、小沼湖、ジュンサイ沼の三つの湖があり、渡り鳥は
小沼湖の一部凍らないエリアに越冬しています。
小沼の白鳥1  小沼の白鳥2
奥に見える鉄橋は函館本線。

対岸にもカモの群れが見えていて、観察場そばの氷の上にもカモたちが。
氷の上で眠っているように見えたのは、体力を温存するためかしら。
対岸の野鳥  氷のマガモたち

観察場に上がって餌探しをするカモもいて、パンくずを見つけたみたい。
白鳥やマガモにまじり、オオバンの真っ黒な姿もありました。
餌探し  オオバン

野鳥撮りをしている時間帯に、札幌行きの特急スーパー北斗を見ました。
その札幌方向の線路を踏切から撮ってみた。
特急スーパー北斗  函館本線下り

同じ踏切から、反対側の上り方面と、一面凍った湖を歩く人。
函館本線上り  湖面の足跡  

夏は遊覧船の風景が見られる湖水も、2月の真冬は凍った湖面を歩いたり、
スノーモービルで遊ぶための企画も。。
駒ケ岳と橋  スノーモービル

真冬に凍った湖面で遊ぶ観光客がいるとは知らなかった。
ほとんどが隣国のからの観光客でした。
年間通し観光客があるとは、10年前なら思いもしなかったけど、地元民には
今日の状況は歓迎すべきことなのでしょう。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

暖冬でも真冬

 2017-01-20
今日から大寒です。
年明けて、新春や、初春のことばが踊る季節でも、これからが
一番寒さがきびしい時期。 

寒さが緩んだ日に歩いてみました。
真冬の中に、春の息吹も見えてホッと和みます。 

去年の秋に赤い小さな実をつけた姫りんご。
野鳥のご馳走にもなったけど、けっこう食べ残しもある。
 姫りんご
春のかわいい花が待ち遠しいな。。

遅れても咲こうと思ったのかな、つぼみで冬を越すバラ。
 バラ

イチイに積もった雪が日差しで融けて凍ってしまった。
 イチイ2

氷に閉じ込められたイチイの葉。

 イチイ1

真冬だけど、アジサイは春の準備中。
 アジサイ茎

ちゃんと、淡い緑の葉も目覚め始めました。

 アジサイ新芽

日差しも日々少しずつ伸び、寒暖を繰り返しながら春へ向かっている。
ふきのとう、福寿草に会いたいね。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

癒しの風景

 2016-12-15
実家から帰宅し、一週間がすぎました。
まだ疲労感がありますが、徐々に回復していると思います。
生前の母が入院後、回復が見えた時、いったん自宅へもどり、
晩秋の大沼公園で癒されの散策をしてきました。

画像は縮小なので、クリックで 1024 x 682 に拡大します。
お好みの画像があればご お好きなだけお持ち帰りOKです。

いつもながら散策路入り口付近は隣国の観光客も多いです。
湖畔の観光2  湖畔の観光1

いつもはスタートから左コースを進むけど、このときは気持ちが右の道だった。
歩く道々はドングリがいっぱい。
散策マップ  どんぐり

右の道は2年ぶりかな? ここには【千の風になって】の記念碑碑がある。
千の風1  千の風2

【千の風になって】の曲は ここ大沼で生まれました。
千の風3  千の風4

道は枯葉に埋もれる道があり、苔むした道があり、と 目にも優しい。
枯葉の道  コケの道

この季節に彩りを見せるツルウメモドキと名の知らぬ花。
ツルウメモドキ  湖畔の花 

この日は初冬の澄み切った青空で紅葉も映える。
紅葉1  紅葉2

散策路も奥へ進むと人影も途絶え、自然本来の姿が目に付く。
朽ちた切り株にはキノコ? 駒ケ岳の大きな噴石に根を張る樹木。
古木切り株  大岩の白樺

秀麗な駒ケ岳・・ 今は雪をかぶっているでしょうね。
駒ケ岳1  駒ケ岳2

湖面には初冬の周囲の風景が写りこんでいました。
湖面に映る1  湖面に映る2

すでに渡り鳥も到着で ゆっくり羽休めです^^
渡り鳥  石垣のイチイ
島から島への橋の石垣にイチイの幼木が根付き、赤い実をつけていました。

年があけて、落ち着いてから、渡り鳥を撮りにいきたいと思います。
今日も ご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(12)
タグ :

湖畔の草花たち

 2016-07-17
きょうは、前回の大沼公園の森林浴の続きです。
毎年、公園の睡蓮とコウホネを見に行くが、今年は出かけるのがのびのびになり
もう、花たちは見られないと半ばあきらめていましたが、まだ咲いていました。
今回は オンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

たぶん、去年も見た記憶がある、ツルアジサイ?と思います。  
 

こちらはボケてしまいました(^^ゞ 名前はわからないです。
  

湖畔に咲いていた、ノイバラのような、白い花。 この下画像は白いきのこです^^
 
きのこは このひとつだけで周囲に他に見当たらなかった。

この花の名前も不明です。 緑の中でピンクは目立ちました。
 

これは何でしょう? 直径5~6mmほどの丸い玉の形です。
 

こちらは いぼたの花ににていますが、名前は判りません。
 

散策路を奥へ進むに従い、湖面に睡蓮とコウホネが見えてきました。
 

水面から背伸びするようなコウホネの黄色は元気をもらえそう。  
 

こちらの画像は縮小なのでクリックで 1000 × 667 pix に拡大します。
 睡蓮1  睡蓮2
よければ、お持ちください。

晴天の日だったので、遊覧船やモーターボードが湖面に見られました。
途中、函館本線を札幌→函館への特急北斗が通りかかる場面に遭遇。
 

そうそう、糸トンボがたくさん飛んでいました。
 
ネット検索すると、モノサシ糸トンボ。 体にモノサシの目盛りのような
模様がついています。 青いほうが雄で、下画像が雌のようです。

夏の木漏れ日の中、森林浴と初めて見る花や虫たちは命の洗濯でした。
今日も ご訪問をありがとうございました。

 
カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(22)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫