温室の花たち

 2017-02-19
市営熱帯植物園の温室には、過日アップのブーゲンビリアの他に花々が咲いています。
でも、年中咲いているのではなく、開花時期が決まっている花もあるのか、
夏に見た花でもこの季節に見られない種類もありました。

今回は縮小画像なので、クリック拡大(800×533pix )してご覧ください。
お気に入りがあれば、どれでも お好きなだけお持ち帰りOKです。

左はふようの種類でゴールデンベル。右はハイビスカス?
IMG_0359.jpg  IMG_0357.jpg

ポインセチア。 右もポインセチアでこれから大きくなるのかしら。
IMG_0355.jpg  IMG_0362.jpg

金のなる木の花とエンゼルトランペット。
金のなる木2  IMG_0392.jpg

極楽鳥花とブラジル原産のアブチロン。
IMG_0418.jpg  IMG_0365.jpg

左は見慣れたランタナ。 右ジャスミンは花がついていませんでした。
IMG_0404.jpg  IMG_0375.jpg

左はクンシランですが、右がわかりません。
IMG_0376.jpg  IMG_0416.jpg

こちらも名前は不明、って、忘れました^^;
IMG_0406.jpg  IMG_0400.jpg

左はハイビスカスとおもいますが・・。
IMG_0351.jpg  IMG_0408.jpg

温室には大きなサボテンもあり、時期には花も。 右はピラニア(~_~;)
IMG_0412.jpg  IMG_0371.jpg

温室でも年中花があるのではなく、やはりそれぞれ咲く季節があるのです。
温室内に金木犀の幼木がありました。
まだ、一度も花を見たことが無く、秋に花がつくか、確認ですね。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(12)
タグ :

ブーゲンビリア

 2017-02-06
先週、4年ぶりに市内の熱帯植物園へ行ってみました。
目的はニホンザルの温泉風景を見たかったのですが、
植物園内の花たちも期待なので、温室へ入ってみました。

いつもながらハイビスカスはありましたが、ブーゲンビリアが見事でした。
ブーゲンビリアは設置された高い棚に咲いているので、階段をあがり、
背伸びをしたり、下からの撮影でも思うように撮れません。
縮小画像でざっと並べましたが、クリックで 1024 × 682pixに拡大です。
お気に入りがあれば、お持ち帰りOKです。

ブーゲンビリア4  ブーゲンビリア2


ブーゲンビリア5  ブーゲンビリア3


ブーゲンビリア1  b-1.jpg


b-3.jpg  b-2.jpg


b-5.jpg  b-4.jpg  

ブーゲンビリアは香りがない花のようですね。
温室内は歩くと汗ばむ暖かさなのに、外は小雪がちらつく寒さでした。
植物園の外は津軽海峡です。
重い冬空のために海峡向こうの下北半島は見えなかった。

津軽海峡1  津軽海峡2

次回はニホンザルの温泉風景を ご紹介しましょうね。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

アストロメリアたち

 2016-07-25
真夏を迎えて、花の種類も徐々に変化してきています。
家々の花壇も家主さんの好みが反映されて、楽しい。
二日前のカメラ散歩で見たのですが、アストロメリアを育てているお宅が多く、
その花の色の多さに気づかされる。
一日で6種類に出会いました。

 アストロメリア2


 アストロメリア3


 アストロメリア4


 アストロメリア6


 アストロメリア5


 アストロメリア1

まだ 全体が白にはお目にかかっていないけど、きっとあるのでしょうね。

数日前、 散歩中に高さ(70cmくらい)の低い山椒の木をみつけ、よく見るとると、
すでに緑色の実をたくさんつけていた。
ふと、地面を見ると、小さな子供山椒の木を発見。
近くにいた、持ち主にたずねると、種がこぼれ落ちて芽がでて大きくなったとのことです。
『あげるよ。 これは雌の木だから実がなるし、こっちの小さい方も実がなるから」と。
うれしくて、即答~♪。  鉢に植え替えてくれました。
赤ちゃん山椒の木の高さは15cmくらいかな。

オンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

 

ん~・・・ 実のなるころまで 私が元気でいなければね(^^ゞ

本格的な真夏がやってきましたね。
北海道でも、30度超えのところもあれば、当地のように連日、23度前後で
朝夕涼しいところもあるなど、北海道は変化が大きいですね。
皆様、くれぐれも体調管理にご注意くださいね。

本日もご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(12)
タグ :

今年のバラ園

 2016-07-06
遅くなりましたが、旧イギリス領事館のバラ庭園です。
バラの名前はわからないので、縮小画像だけを並べました。
画像クリックで 800 × 533 pix になります。
相変わらずのさえない撮りですが、お好きなバラをお持ちください。

バラ1  バラ15

バラ5  バラ16

バラ13  バラ14

バラ10  バラ11

バラ2  バラ6

バラ12  バラ9

バラ7  バラ8

バラ20  バラ19

バラ18  バラ17

バラ3  バラ4

次回はバラ庭園の周囲の風景を更新したいと思います。

今日も ご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

おはようさん♪

 2016-06-01
おはよう~^^ とフェンスからお顔を。。

 おはよう1

6月1日、雨上がりのさわやかな朝になりました。
リラ冷えか、今朝はちょっと肌寒かったが、珍しく5時にスキッと目覚めた。
ならば、久しぶりに早朝のカメラ散歩にいこうか?
昨日の雨のしずくが消えないうちに、花についた滴が撮れるかも知れないと出ると、
葉や鮮やかな花が撮れた。(ここ最近、マクロレンズのネット学習と練習を始めました)

こちらはオンマウスで、葉についたしずく。

 


散歩道にすてきなガーデンがある(こちらもオンマウス) 

 

花のしずくたち。

 おはよう5


 おはよう3


 おはよう4


バラの蕾も膨らみ、てっぺんに滴をためて。。

 おはよう8

今月はあちこちのバラが咲き始める。
一番の楽しみは旧イギリス領事館のバラ庭園。

本日も ご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

五稜郭の藤棚

 2016-05-29
今年も行ってみました、五稜郭公園の藤の花。
桜が終わると、藤の花が楽しみになる。
が、今月は私用が多く、藤の花をすっかり忘れていて急いで行ってみた。
が、気持ち遅かったかな。。

今日もオンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

ひと月前はお花見の人で賑わった桜の木一帯も今は静かになった。
可憐な桜の花も消え、緑の葉桜に。。
 

お堀の一橋、二の橋を渡ると、正面に藤棚が見える。
藤棚を出入り口と横から。  
 

ここの藤の花は紫と白。
藤棚の下は通り抜けができ、下から見上げた。
 

紫の藤。
 

白の藤。
 

藤棚を上から。 この藤棚は高さは約3m、長さは約30m。
 
今回はいつもと違う、向かい側の石垣から見下ろした。

土塁のあちこちにはデイジーが毎年自然に咲く。
 

何度も来ていて、この石垣は初めて歩く。 つつじも見ごろ。
  
ここからのタワー風景。

この日は平日のためか、観光客も少なく、園内も静かで、
松風の音だけが聞こえた。
 
GWの喧騒がうそのように思われるほど閑散としていた。

赤松の樹木越しに、復元された函館奉行所も見える。
 

正面へ回ってみる。
 

今年は桜と同じように、藤も早めの開花、見ごろだったようです。
年々、早まってきているのかな。。
本日もご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

見られてた

 2016-03-06
外出から帰宅し、ホッとくつろいで はた、と気づいた。
雪が融けて来たし、あの散歩コースのフキノトウでてるかな?と。
で、行って見ると、出てきてました。

ころんと、丸い可愛い姿。

 フキノトウ1

夢中でシャッター押していると、後ろから、声がした。

『なぁに とってるのぉ?』 振り向くと知らないシニア女性。

私 『フキノトウが出てきて、可愛いから』

女性『これは京蕗なんだよ。もっと開いた方がいいでしょ』

私 『やっと出始めた この形が可愛らしく、春、って思えます』

女性『よく、写真撮ってるよね。 何回も見てるから』

私『そうですか?^^;。。』

女性『良い趣味だよね(カメラのこと)。あそこの赤い実の木は増やして植えたの』
・・庭木の ご説明が始まりました。

 フキノトウ2

ちょっと拝聴し、お礼を言ってその場を離れました。
ずっと以前にも他の方、数人から言われたことがあった。
人は見ているものですね、知らないのは私だけ。

このときに ほかで見たのは びっくりのバラ。
この冬の寒さと、積雪に耐えて半分ドライになっていた。

 バラ2

他のバラはすでに去年のうちに実をつけたり枯れてしまったのに
この華奢な小さなバラが冬の厳しさと雪の中を越したのです。
植物の秘めたエネルギーに 驚きと感動でした。

 バラ1

雨上がりのしっとりしたバラに しばし見とれました。

カテゴリ :花たち樹木たち トラックバック(-) コメント(22)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫