思い出の地へ

 2017-05-17
先週一週間は母の納骨で里帰りでした。
妹とその娘A美、14年前亡くなった三女妹の娘A子も神奈川から出席し、
法要、納骨も無事おわりました。

以前から妹と話し合い、母と三女妹も一緒だった思い出の地へ行くことに。
思いっきり遠出した定山渓は、十数年前も 母、妹、A美と4人で行った温泉地。
今回は母の代わりに一番のおばあちゃん子の三女妹の娘、A子が一緒でした。
この日は雨空でホテルから出ることも無く、温泉でふやけていました"^_^"

縮小画像なので クリック拡大して ご覧ください。

実家の町はまだ、桜も咲いていて青空に映えていました。
さくら1  さくら2

ホテルの窓から外をみると、山肌の柔らかな色の中に桜が彩りを添えています。
窓の外  枯れ木
よく見ると、枯れ木がうまい具合(?)に奇妙な動物に見えました^^;

温泉の帰路、エゾ富士・羊蹄山を撮るのを楽しみにしていた中山峠では
10m先も見えない霧の中で、撮影は断念。
その分、洞爺湖高台の レイク・ヒル・ファーム に寄り、ソフトクリームを楽しみに(^o^)

途中にある、【きのこ王国】のお店できのこの瓶詰め二個購入。
きのこ販売店  洞爺湖
洞爺湖は、あいにくの曇り空でエゾ富士も見えなかったのですが、
湖面は穏やかでした。

レイク・ヒル・ファームの店舗の前はやがて、季節の花で埋まります。
建物の横は広々とした緑地。
レイク・ヒル・ファーム  緑地2
晴れていると、ここからエゾ富士がくっきり見えます。
2008年の洞爺湖サミットでは、レイク・ヒル・ファーム裏手に各国首脳が到着するための
ヘリポートが作られました。

ここではヤギやパンダうさぎが飼われている。(パンダうさぎは以前の画像から)
このレイク・ヒル・ファームのお勧めは何といっても豊富な種類のアイスクリーム。
勿論、私たち4人もそれぞれの好みをいただきました。
パンダうさぎ  緑地1
この日も団体バスでアジアの観光客が大勢でした。

レイク・ヒル・ファーム横の風景も 私のお気に入り。
白樺の若葉も芽吹いています。
牧場2  牧場1

裏へ回るとそこは酪農牧場でした。
牧場4  牧場3

レイク・ヒル・ファームは お花の時期には早いので入り口にはたくさんの鉢植えの花が。。
花6  花4


花2  花3  


花5  花1

里帰りの後半はお天気もイマイチだったけど、妹や姪たちと4人の二日間は
もう、二度とない、最初で最後の時間だったと思う。
神奈川の姪は『おばあちゃんの一周忌には来れないかも知れないし、
多分、おばあちゃんの家にはこれが最後だと思う』と帰って行きました。

そんな、悲喜こもごもの思い出をたくさん作り、私も帰路へ。
帰りの特急はスーパー特急ではなく、ただ(?)の北斗に乗ったので
最後尾から景色が見えました。
行きはスーパー特急で無理だったけど、帰りはかろうじて日本一の秘境駅[小幌]駅の
上りホーム(?)がちょっとだけ撮れた(左画像が小幌駅ホーム)
小幌駅  静狩トンネル
トンネルネル内が白く見えるのは、列車の窓の傷と汚れが写りました。
ここの区間はトンネルが多く、あっと言うまに次々トンネルに入ってしまいます。

いつか、この秘境駅[小幌駅]に降り立ってみたいな、と思いますが、
想いがかなう日はくるのかしら。。

本日も ご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

四季島撮ってみた

 2017-05-06
大型連休の5/2 早朝に初めての撮り鉄体験しました。
今話題のクルーズトレイン、トランスイート 四季島。

ネットで到着時間を調べ、午前6時20分ころの到着予定と言うことで、
通過予定の線路沿いに行ってみると、かなりの人が待機です。
撮り鉄の人や見学の人など みなさん、早朝の寒いなかでじっと我慢(私も^^)

上り線方向からほぼ定刻に四季島の姿が見えると、一斉にシャッター音^m^
今日は縮小画像なのでクリックして 600×400pixでご覧いただけます。
お気に入りがあれば、お持ち帰りOKです。
IMG_9443.jpg IMG_9478.jpg
枯れ草ボーボーの中走る四季島と、駅構内を移動中の姿。

函館に6時間も滞在なのだから、もう一度と、お昼近くに駅に行くと、
駅ホームに四季島の姿が見えません。
操車場の建物の中なのかな? じゃ、無理と帰る道で、何と踏み切りの中で停車中。
もう、思いがけない間近で出会い、カメラに収めました。

IMG_9475.jpg  IMG_9473.jpg
新品のピカピカですね^^

踏み切り内線路を行ったり、来たり何度も移動していました。
左は上り方向。 右は駅方向。
IMG_9462.jpg  IMG_9463.jpg

そばで見ると、車体色は我が家の掃除機シャンパンゴールドに似てるかなぁ。。
IMG_9466.jpg  IMG_9468.jpg

車内から乗務員がにこやかに手を振っていました。
IMG_9464.jpg  IMG_9465.jpg
右画像の男性乗務員は、なかなかのイケメンですね(*^_^*)
乗務員も選ばれた、優秀な人たちなのでしょう。

四季島のあと、引込み線をゆっくり移動してきたのは在来線列車。
右の四季島とは・・ずいぶん違いますね。。
IMG_9480.jpg IMG_9467.jpg
北海道新幹線が開通後、廃止された在来線に代わって運行されているのが
道南いさりび鉄道  第三セクターで運営されているのでしょう。
地域を支える大切な足だけど、路線は新幹線駅のある木古内(きこない)まで。
これからも在来線は消えていくのかもしれません。。

走行中を連写したので、アニメーション風に。。
見づらくてごめんなさい<(_ _)>
四季島

明日から留守になるのでコメント欄は閉じました。
本日も ご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今年のさくら

 2017-05-03
昨日、五稜郭公園のさくらを愛でに行ってきました。
桜も古木になり年々、花数も寂しくなっています。
毎年、お堀の北側沿いを見るのですが、今年は東側の桜だけ。

平日なのに、余りのひと出の多さに、早々に引き上げましたが
急いで撮ったうちからアップしました。
今回は縮小画像なので、クリックで 500 × 333 に拡大してください。
小さな画像だけどお持ち帰りOKです。

お堀の東側からです。 上空には飛行機雲が見えました。
タワー東側から1  タワー東側から2

お堀の東側から北方向(左写真)と南方向(右写真)
左写真の突き当たりの円形建物が、いつもお世話になる中央図書館。
東側お堀2  東側お堀
南方向の画像の突き当りに橋が見えますが、五稜郭の裏門に当たります。
戊辰戦争の時代には、土方歳三が何度も出入りしたのでしょうね。

今日は晴天なので、 こちらの芝生もお花見のシートがいっぱいかな。。
満開の桜が日よけになりそうです。
東側  ベンチ
右写真・・すてきな風景でしょ? いいなぁ。。。

東端のお堀から西方向(左写真)と東側お堀そばからタワーをアップで(右写真)。
西側タワー  東側タワー

お堀には鯉がたくさんいて、写真の鯉は50~60cmくらいはありました。
このような鯉が何匹もいて、稚鯉も群れで泳いでいます。
鯉2  鯉1

青空と桜って似合うんですよね。。
空と桜2  空と桜1

ここは ほとんどがソメイヨシノで、図書館には数種の桜が見られます。
さくら1  さくら2


さくら3  さくら4

今回は人が多いのと、暑い日差しで五稜郭の中は入らなかった。
時間がかかりすぎるのもやめた理由です。

本日も ご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :町なか トラックバック(-) コメント(10)
タグ :

水芭蕉探しに

 2017-05-01
4月下旬に 今年も大沼森林公園へ行ってみましたが、時期が少し早かった。
去年は5月上旬だったので、今年は園内のあちこちには まだ雪が残っていました。
今回もオンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

 

決められた遊歩道を歩きます。
道をそれると迷子になるし、雪解けのぬかるみがあり危険です。
 

板張りの遊歩道から水の中を覗くと、去年の落ち葉がいっぱいです。
アメンボウが水面を走っていました(*^_^*)
 

時期が早かったので、ふきのとうも少しだけ。
こちらは ふきのとうの雄株でしょう。
 

こちらは雌株と思います。 やがて高く伸びて綿毛を飛ばします
 

雪解けの水溜りに周囲の風景が映りこんでいます。  
遠くに水芭蕉も見えましたが、遊歩道からそれるので行けなかった。
 

去年も見た黄色の花、ナニワズと、野草の新芽。
この新芽はかなり大きくなる野草と思います。
  

大沼公園はミズナラの木が多いので、ドングリをたくさん見かけます。
下画像はネコヤナギの小枝かな、フキの葉に落ちていた。
 

残雪いただく駒ケ岳(標高1,131 mの活火山)です。
下の画像は同じ位置から今年の2月で、一面結氷の上を歩く人。
 

で、タイトルの水芭蕉は?って思いますよね。。
今年は早くに出かけたので失敗でしたが、それでもけっこうありました。
下の画像2枚はクリックで 1024 x 682 pixに拡大するので最大にして
お持ち帰りいただいてかまいません。

水芭蕉1  水芭蕉2

来年はほかの花たちも見られるころあいを狙いたいと思います。
今日も ご訪問ありがとうございました。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(14)
タグ :

日高山脈の雪崩事故

 2017-04-22
2~3日前朝、NHKのローカル番組で帯広地方の映像が映し出されました。
真っ青な空に雪をいだいた日高山脈がとても美しく『あぁ、、きれい』と見ていた。
その瞬間、あの山のどこなのか、と思い出したことがあった。

1965年(昭和40年)3月、北海道大学山岳部が日高山脈で大雪崩にあい、6名が犠牲。
大学生の雪山遭難事故も大きく報道されたけど、雪崩に埋もれた中で三日間生き抜き、
山地図の裏側に書かれた沢田リーダー(農学部4年生)の遺書が大きな話題になりました。

今回ネット検索でみつけた[元山岳部 部長の登山講座]から。
事故の概要  と 沢田リーダーの遺書

私のぼんやりとした記憶では当時の新聞にその遺書の写真があったように思います。
沢田リーダーの遺書を基にした歌がレコードになり、私は今でも歌えるのは
若い時の鮮烈な記憶は50年過ぎても覚えているものですね。
探すとYoutTubeにあったのですが、画像はやめてリンクだけ。。

俳優の浜田光男さんが歌っています。  おかあさん、ごめんなさい

また、別サイトには『彼等は必ずしも危険な所で雪洞をつくって
露営していたわけではない。
その後の調査によるとこの雪崩は、走行約3km、デブリの長さ1km、 幅30-100m、
量約40万トンの日本国内の雪崩としては最大級に属するものと推定された。』
とありました。
数日前のテレビに映しだされた日高山脈の映像が とても強く印象に残っています。

2年前の11月中旬、実家の母、妹との3人で地球岬へ行った時、
秋晴れの太平洋の彼方に もう雪を載せた日高山脈が見えた。  
 日高山脈

この日の日差しを受けた太平洋と地球岬。
海向こうの陸地の裏側が私の住まいする町。
 地球岬灯台
 
母と一緒に見た地球岬の風景は この日が最後でした。

先月、3月27日、栃木県那須町湯本のスキー場でおきた雪崩事故。
登山講習会に参加していた高校生と教諭の8人が犠牲になりました。
今もその事故の検証が続いているとのことだけど、失われた命は もう戻りません。

* すみません、コメントは閉じさせていただきましたm(__)m

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫