日高山脈の雪崩事故

 2017-04-22
2~3日前朝、NHKのローカル番組で帯広地方の映像が映し出されました。
真っ青な空に雪をいだいた日高山脈がとても美しく『あぁ、、きれい』と見ていた。
その瞬間、あの山のどこなのか、と思い出したことがあった。

1965年(昭和40年)3月、北海道大学山岳部が日高山脈で大雪崩にあい、6名が犠牲。
大学生の雪山遭難事故も大きく報道されたけど、雪崩に埋もれた中で三日間生き抜き、
山地図の裏側に書かれた沢田リーダー(農学部4年生)の遺書が大きな話題になりました。

今回ネット検索でみつけた[元山岳部 部長の登山講座]から。
事故の概要  と 沢田リーダーの遺書

私のぼんやりとした記憶では当時の新聞にその遺書の写真があったように思います。
沢田リーダーの遺書を基にした歌がレコードになり、私は今でも歌えるのは
若い時の鮮烈な記憶は50年過ぎても覚えているものですね。
探すとYoutTubeにあったのですが、画像はやめてリンクだけ。。

俳優の浜田光男さんが歌っています。  おかあさん、ごめんなさい

また、別サイトには『彼等は必ずしも危険な所で雪洞をつくって
露営していたわけではない。
その後の調査によるとこの雪崩は、走行約3km、デブリの長さ1km、 幅30-100m、
量約40万トンの日本国内の雪崩としては最大級に属するものと推定された。』
とありました。
数日前のテレビに映しだされた日高山脈の映像が とても強く印象に残っています。

2年前の11月中旬、実家の母、妹との3人で地球岬へ行った時、
秋晴れの太平洋の彼方に もう雪を載せた日高山脈が見えた。  
 日高山脈

この日の日差しを受けた太平洋と地球岬。
海向こうの陸地の裏側が私の住まいする町。
 地球岬灯台
 
母と一緒に見た地球岬の風景は この日が最後でした。

先月、3月27日、栃木県那須町湯本のスキー場でおきた雪崩事故。
登山講習会に参加していた高校生と教諭の8人が犠牲になりました。
今もその事故の検証が続いているとのことだけど、失われた命は もう戻りません。

* すみません、コメントは閉じさせていただきましたm(__)m

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジモティー

 2017-04-19
最近、テレビCMで見かけるジモティー。
♪~ 地元の掲示板 ジモティー~~♪
何のことかわからなかったけど、ネット検索すると【中古あげます・譲ります】って。
このジモティー、各都道府県に、市区郡ごとにあります。

  ジモティー
   
オークションは楽天は廃止、Yahooだけになったかな。
ヤフオクもYahooプレミアム会員だけ出品可能で、いまやヤフオクは個人出品が激減し、
専門業者がほとんどになってる。
以前は何度も出品、落札を経験したけど、今は使うこともなくなり、
最近、プレミアム会員もやめました。
息子たちも もう使わないと言い、私も出品、落札の手間が面倒になったこともある。

で、私の地元のジモティーは?と、見てみると、けっこう参加者がいるのです。
市内近郊の会員も多く、出品内容をみていても おもしろい♪
ジャンクです、という物も引き取り手がいたり、マニアックだなぁとか思う。
私の不用品も出してみようか?と思ったり・・。

母の処分品でわかったのは、リサイクルショップも古い物は引き取りません。
ジモティーをもっと早く知っていたら、母の処分品の片付けにも使えたかな。

市内の桜の枝も赤みを帯びてきました。
あと、10日ほどで開花になるかもしれません。

  sakura_2017041908013675e.jpg

もう少しで、この風景が見られます。

カテゴリ :暮らし トラックバック(-) コメント(8)
タグ :

3月ふるさとへ

 2017-04-09
久しぶりの更新です。
先月、3月6日は 母の百か日で母の葬儀以来の里帰りでした。
母のいない家には思い出だけがありました。

今日も画像が多く、今回はオンマウス(画像にマウスを乗せる)で ご覧ください。

去年、母が入院中の秋に あざやかだった母のバラもすっかり枯れていた。
  
  
ひとかたづけがすんだところで、妹と温泉一泊し、のんびりしました。
今回はお天気が悪く、蝦夷富士(羊蹄山)は隠れていました。
春先の洞爺湖の午前中は霧で見えない状態が多いのです。
  

岸から遠くに たくさんの野鳥が羽を休めていて、これは初めて見た。
もう使われなくなった浮き桟橋がねぐらのようです。
  

湖畔の散策路には枯れたハマナスや足元の薄氷に落ち葉が。
  

洞爺湖はカルデラ湖なので高い外輪山に囲まれている。
一番高い外輪山の頂上に2008年洞爺湖サミット会場の【ザ・ウィンザーホテル洞爺】
  

ホテルの冬季間イベントで 湖畔沿いにイルミネーションが。。
それは、それは美しく、ホテルから直接外へ出る若いカップルも。
  

  
  


  

帰りは駅で久しぶりにカニ飯を買いました。
驚いたことに駅待合室にあったキヨスクがなくなっていた。
二枚目画像は待合室内の周辺絵地図。
  

大沼公園を過ぎると いつも見る無人駅【仁山駅】。
夏とは違い、ひっそりとした雪風景もいいものです。
  
途中、札幌行きのスーパー北斗とすれ違いました。

母の百カ日も終え、また一つの区切りとなりました。
来月は納骨でまた、里帰りです。
これが終わると、大きな仕事も ひと段落でしょうか。

カテゴリ :いろいろ トラックバック(-) コメント(16)
タグ :

母の手帳

 2017-03-17
先週は実家の母の百日忌にあわせ、また母の遺品整理をしてきました。
去年、母が入院中と葬儀のときに、かなりの量を処分したので
今回は前回まで処分できなかった家具類や母の衣類、食器などを出してきました。

去年、断捨離、遺品整理で実家にとっては歴史的遺産と思えるような
私が一度も見たことの無いものも多く出てきました。
その中に【母子福祉手帳】があったのです。
一家の大黒柱の夫(父親)が亡くなった母子家庭のための手帳でしょう。

  母子福祉手帳

中を見ると、昭和45年(1970年)略暦とあるので47年前、私が21歳の頃です。
父が亡くなったのは昭和34年なので、手帳は毎年交付されたのかしら。。
暦の表記に昭和45年と西暦1970年の他に紀元2630年もありました。
手帳には母に頼まれたのか、私が青インクの万年筆で書いたと思われる記述もあった。
でも、私には全く記憶がありません。

[おぼえ]のページには鉛筆で書かれた母の直筆で 姓名、住所、電話番号が書いてあった。
その下の[家 族 生 年 月 日]と記されたところの[ 年 月 日]の隙間に母は
45年3月30日と記入し、家族生年月日欄は無記入だったのは、間違いに気づいた母は
そのままにしたのか、娘たちの誕生日を忘れたのか。。
手帳には当時の預貯金利率や国民の祝日(12日間)、母子福祉法に関する記述もありました。
もっと驚いたのは、全国未亡人団体協議会制定の【全国未亡人の歌】があったこと。

  手帳裏

1~3番まであるのだけど、長くなるので1番だけね。

  よせ来るあらなみ 雨風吹きつのる 夜半(よはん)も
  心のともしびを 消さずにまもる者 来たれ
  いとし子 肩にせおいて 明日の希望に ほほえむ
  ああ われら未亡人 かたく かたく 結ばん

戦時中をイメージする悲壮感漂う歌詞に ちょっと何だかなぁでしたが、昭和30年代に
子供だった私には当時の母子家庭への世間の風当たりは、理解できるのです。
ここ数年、この手帳の存在も母の記憶には もう無かったかもしれません。

やっと春らしい日差しを感じます。
二日前、歯科通院の帰りに見た白樺も、青い空に白い幹が映えました。

  白樺

本日もご訪問ありがとうございます。

カテゴリ :思い出 トラックバック(-) コメント(18)
タグ :

今年の大沼の野鳥

 2017-03-13
2週間前の2月末に野鳥を見るために大沼公園へ。
今年は温かめなので、2月末に渡り鳥はいるのか、心配だったけど・・・
まだ たくさんの野鳥がとどまっていたのです。

今回も縮小画像なので、クリックで800×533pixに拡大して ご覧ください。
お気に入りがあれば、ご自由にお持ち帰りOKです。

大沼公園には、大沼湖、小沼湖、ジュンサイ沼の三つの湖があり、渡り鳥は
小沼湖の一部凍らないエリアに越冬しています。
小沼の白鳥1  小沼の白鳥2
奥に見える鉄橋は函館本線。

対岸にもカモの群れが見えていて、観察場そばの氷の上にもカモたちが。
氷の上で眠っているように見えたのは、体力を温存するためかしら。
対岸の野鳥  氷のマガモたち

観察場に上がって餌探しをするカモもいて、パンくずを見つけたみたい。
白鳥やマガモにまじり、オオバンの真っ黒な姿もありました。
餌探し  オオバン

野鳥撮りをしている時間帯に、札幌行きの特急スーパー北斗を見ました。
その札幌方向の線路を踏切から撮ってみた。
特急スーパー北斗  函館本線下り

同じ踏切から、反対側の上り方面と、一面凍った湖を歩く人。
函館本線上り  湖面の足跡  

夏は遊覧船の風景が見られる湖水も、2月の真冬は凍った湖面を歩いたり、
スノーモービルで遊ぶための企画も。。
駒ケ岳と橋  スノーモービル

真冬に凍った湖面で遊ぶ観光客がいるとは知らなかった。
ほとんどが隣国のからの観光客でした。
年間通し観光客があるとは、10年前なら思いもしなかったけど、地元民には
今日の状況は歓迎すべきことなのでしょう。

カテゴリ :自 然 トラックバック(-) コメント(14)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫